シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

iPhone 用の Cisco Jabber 8.6 の CUCM 8.5 でのインストールと設定(ビデオ付き)

このドキュメントは、英語版(バージョン13)の日本語訳です。最新の内容は英語原文をご確認ください。

 

はじめに

Cisco Jabber for iPhone は、iOS デバイスからの VoIP 通話、ビジュアル ボイス メール、社内ディレクトリへのアクセスをユーザに提供します。Cisco Unified Communications Manager(CUCM)を介し、iPhone を使用して社内の電話番号から VOIP 通話を受発信できます。Cisco Jabber for iPhone はバックグラウンドで動作し、ネットワークに接続されます。このマニュアルでは、iPhone 用に CUCM で Cisco Jabber 8.6 をインストールし、設定する手順について説明します。

 

Cisco Jabber 8.6 の要件

Cisco Jabber 8.6 の要件は次の通りです。設定を試行する前に、要件を満たしていることを確認してください。

  • Cisco Jabber 8.6 を使用するには、Apple iOS 5.0 以降が動作する Apple iPhone 3GS、4、または      4S、Apple iPod touch の第 3 または第 4 世代、または Apple iPad(1 または 2)が必要です。
  • Cisco Unified Communications Manager 7.1.5、8.0.3、8.5、および      8.6(2.21008-1) 以降の 8.6.2。
  • Cisco Unity Connection Release 7.x、8.0、または 8.5。
  • Cisco AnyConnect VPN ソリューションの場合に必須:Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)Release      8.2.3.6、8.3.2.7、8.4。
  • ユーザとデバイスの要件:iPhone モデル 3GS、4 および 4S、iPod Touch 第 3 または第 4 世代(第 3 世代では通話に外部マイクロフォンが必要)、iPad、iPad      2。
  • バージョン 5.0 以上の iOS。

要件はリリース ノートに記載されています。

http://www.cisco.com/en/US/partner/docs/voice_ip_comm/jabber/iPhone/8.6/b_jabber_iphone_release_
notes.html

 

ビデオ:Cisco Jabber for iPhone の CUCM 9.1 への登録

この登録プロセス全体の録画をご覧ください。

Registering Cisco Jabber for iPhone with CUCMvideos5183.png

 

インストールとデバイス設定

必要な COP ファイルのダウンロード

Cisco Jabber 8.6 を CUCM 8.5 で実行するために必要なファイル:

CUCM 用 COP ファイルのダウンロード


1. CUCM 8.5 以前の場合、Cisco Jabber がアプリケーション ダイヤル ルールを使用できるようにするために Cisco Options Package(COP)ファイルが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/software/release.html?mdfid=282588075&softwareid=282764070&release=8.0(3)&relind=AVAILABLE&rellifecycle=&reltype=latest&i=rp

cucimoc-Admin-ffr-8-0-3.zip を探してダウンロードします。

 

デバイス COP ファイルのダウンロード

2. デバイス COP ファイル:

http://www.cisco.com/cisco/software/release.html?mdfid=283760466&catid=278875240&softwareid=284006014&release=8.6(1)&relind=AVAILABLE&rellifecycle=&reltype=latest


cmterm-iphone-install-111019.cop.sgn を探してダウンロードします。

 

使用する iPhone に対応した Cisco Jabber アプリケーション

3. 使用する iPhone デバイスに対応した Cisco Jabber アプリケーション

http://itunes.apple.com/us/app/cisco-mobile-8.1/id407180698?mt=8

 

設定手順

デバイスへの COP ファイルのインストール

 

Jabber を   CUCM 内でデバイスとして使用できるようにするには、デバイス固有の COP ファイルをすべての CUCM サーバにインストールする必要があります。

1. デバイス用の   Cisco Options Package ファイルのインストール

[CUCM]   > [OS Administration(OS 管理)] > [Software Upgrades(ソフトウェア アップグレード)] >   [Install/Upgrade(インストール/アップグレード)] > [cmterm-iphone-install-111019.cop.sgn]   > [Install(インストール)] と選択してから、
サーバを再起動します。

各サブスクライバで同様に繰り返します。

 

*************************************************************************************************

 

手順
--------------------------------------------------------------------------------
ステップ 1:デバイス COP ファイルをダウンロードします。

ステップ 2:COP ファイルを Unified CM サーバからアクセスできる   FTP サーバまたは SFTP サーバに配置します。

 

ステップ 3:この   COP ファイルを Unified CM クラスタ内のパブリッシャ サーバ上にインストールします。

a.   Unified CM 管理ポータル右上隅の [Navigation(ナビゲーション)] リスト ボックスで、

[Cisco   Unified OS Administration(Cisco Unified OS管理)] を選択してから、[Go(進む)] をクリックします。
b. [Software Upgrades(ソフトウェア アップグレード)]   > [Install/Upgrade(インストール/アップグレード)] と選択します。
c. COP ファイルの位置を指定し、必要な情報を入力します。
詳細については、オンライン ヘルプを参照してください。

d. [Next(次へ)]   をクリックします。
e. デバイス COP ファイルを選択します。
f. [Next(次へ)] をクリックします。
g. 画面の指示に従います。
h. [Next(次へ)] をクリックします。
プロセス完了まで待ちます。このプロセスには、時間がかかる場合があります。

i. 使用率が低い時間帯に   Unified CM をリブートします。
j. Unified CM サーバで Cisco Tomcat サービスを再起動します。
このステップは、Unified CM のデバイス リスト ページにデバイス   アイコンを正常に表示するために必要です。

この手順で、Tomcat   の画像キャッシュがクリアされます。

k. CLI に次のコマンドを入力します。
utils service restart Cisco Tomcat

l. システムが完全にサービスに復帰するまで待機します。
注:サービスの中断を避けるために、各サーバのサービスがアクティブな状態に戻ったのを確認してから、

次のサーバでこの手順の実行を開始するようにしてください。


ステップ 4:クラスタのサブスクライバ サーバそれぞれに COP ファイルをインストールします。パブリッシャに使用したのと同じ手順

(サーバの再起動も含め)を使用します。

 

*****************************************************************************************************

 

デバイスの設定の詳細については、次のマニュアルを参照してください。

『Installation & Configuration guide_Cisco Jabber/iPhone_8.6』

 

2. アプリケーションに特定のダイヤル   ルールが必要かどうか確認します。必要な場合、
マニュアルの「Dial Rule」の項に従います。

「Cisco   Jabber/iPhone_Application dial rules」

 

3. [SIP   Dual Mode Alert Timer(SIP デュアル モード アラート タイマー)] 値の増加

[CM   Administration(CM 管理)] > [System(システム)] > [Service Parameters(サービス パラメータ)]   > [[Server] Cisco CallManager (Active)([サーバ] Cisco CallManager(アクティブ))] を選択して、[SIP   Dual Mode Alert Time(SIP デュアル モード アラート タイム)] を 3,000 ミリ秒まで増加させ、

[Save(保存)]   をクリックします。

 

4. 専用   SIP プロファイルを作成します。

[CM   Administration(CM 管理)] > [Device(デバイス)] > [Device Settings(デバイス設定)]   > [SIP Profile(SIP プロファイル)] > [Add New(新規追加)] > [iPhone SIP profile(iPhone   SIP プロファイル)] を選択して、次の値を 600 に設定します。

[Save(保存)]   を押します。

* [Timer   Register Expires(レジスタのタイムアウト値)]
* [Timer   Keep Alive Expires(キープ アライブのタイムアウト値)]
* [Timer   Subscribe Expires(サブスクライブのタイムアウト値)]

5. 電話機を追加します。

[CM   Administration(CM 管理)] > [Device(デバイス)] > [Cisco Dual Mode for iPhone(iPhone   向け Cisco デュアル モード)] > [Add New(新規追加)] > [TCT<name>] を選択します。

 

残りのパラメータについては次のリンクを参照してください。最後に   [Save(保存)] を押します。

「Cisco Jabber/iPhone_Device configuration」

 

6. 回線を電話機に追加し、デバイスとエンド   ユーザを関連付けます。

 

7.   iPhone でアプリを立ち上げ、動作することを確認します。

 

8. 必要に応じて他の機能を追加します。次の内容を参照してください。

「Cisco   Jabber/iPhone_Feature setup」

 

Cisco Mobile の互換性とサポート

jabber-1.png

jabber-2.png

参照できる他のマニュアル

Cisco Jabber for iPhone の製品ページ:
http://www.cisco.com/en/US/products/ps11596/index.html

 

サポートされている機能についてのデータ シート:

http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/voicesw/ps6789/ps7290/ps11156/data_sheet_c78-658146.html

 

Cisco Jabber トラブルシューティング ガイド:

http://www.cisco.com/en/US/partner/docs/voice_ip_comm/jabber/iPhone/8.6/JABI_BK_J29330BB_00_jabber-for-iphone-admin-guide_chapter_0100.html

 

FAQ

http://www.cisco.com/en/US/partner/docs/voice_ip_comm/jabber/iPhone/8.6/b_Cisco_Jabber_8.html#reference_E901FA7B7BAE4D8FA94ADFB10BF97D45

 

関連情報

1800
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント