シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Jabber for Windows のログ取得方法

本ドキュメントでは、Jabber for Windows (J4W) のログを取得する手順について説明します。

J4W がインストールされている PC 上で取得します。

手順の概要

1. 過去に出力されたログファイルの削除

2. ログを取得する内容の操作を実施

3. ログの取得

手順の詳細

1. 過去に出力されたログファイルの削除

ログを調査する際に、簡単に調査ポイントを探せるよう、事前に、不要な古いログファイルを削除しておきます。

   1-1. J4W を終了

   1-2. 以下のディレクトリ内のログファイルを削除

  • Windows XP

                C:\Documents and Settings\username\Local Settings\Application Data\Cisco\Unified Communications\Jabber\CSF\Logs

  • Windows Vista

                C:\Users\username\AppData\Local\Cisco\Unified Communications\Jabber\CSF\Logs

  • Windows 7

                C:\Users\username\AppData\Local\Cisco\Unified Communications\Jabber\CSF\Logs

                 (*) Windows 7 の場合の例) JabberWerxCpp フォルダと csf-unified で始まるファイルを削除して下さい。

01.png

2. ログを取得する内容の操作を実施

J4W を起動し、調査対象の操作を実行してください。

3. ログの取得

   3-1. ヘルプ > 問題の報告 をクリックし、ウィザードを起動

02.png

  3-2. 問題の領域を選択 にて、最も近い項目を選択し、『次へ』 をクリック

    (*) 選択すべき項目が不明の場合は、『その他』 を選択してください。

03.png

   3-3.  カテゴリを選択 にて、最も近い問題のカテゴリを選択、簡単な問題の説明を記載し、『次へ』 をクリック

    (*) 選択すべき項目が不明の場合は、未選択のままにしてください。

    (*) 問題の説明としては、問題の発生時刻、使用した User ID、使用 Mode など、調査に役立つと思われる事項を記載してください。

04.png

   3-4. 必要に応じて、『メモリダンプを含める』 にチェック、『ファイルの添付』 にて Network Capture Log など添付すべきファイルがあれば、選択し、『レポートを保存』 をクリック

05.png

   3-5. ファイルの保存先を指定して保存

    (*) Zip 形式で保存されます。

06.png

その他

   - 連絡先に関連する問題の際には、以下のディレクトリ配下の Data Base ファイルも取得して下さい。

  • Windows XP

                 C:\Documents and Settings\username\Local Settings\Application  Data\Cisco\Unified Communications\Jabber\CSF\History

  • Windows Vista

                C:\Users\username\AppData\Local\Cisco\Unified Communications\Jabber\CSF\History

  • Windows 7

                C:\Users\username\AppData\Local\Cisco\Unified Communications\Jabber\CSF\History

   - 音声やビデオに関連する問題の際には、Wireshark などによるネットワークキャプチャログも取得して下さい。

3466
閲覧回数
10
いいね!
0
コメント