シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Jabber Video for TelePresence(Movi)のログ取得手順

Jabber Video for TelePresence(Movi)のログ取得手順を紹介します。

 

  1. ログレベルをDEBUGに設定
  2. 調査したい事象を再現させる
  3. ログ保存ディレクトリにあるファイルを取得
  4. ログレベルをWARNINGに設定

 

以下に、Windows/Mac OSXでのログの保存場所とレベルの変更方法を記述します。

 

■Windows

 

 

ログの保存場所

 

  • Windows XP

Movi 4.2および以前のバージョン            :%USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Cisco\Movi\2.0\Logs\

Jabber Video 4.3および以降のバージョン:%USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Cisco\JabberVideo\Logs\

  • Windows Vista/7

Movi 4.2および以前のバージョン            :%LOCALAPPDATA%\Cisco\Movi\2.0\Logs\

Jabber Video 4.3および以降のバージョン:%LOCALAPPDATA%\Cisco\JabberVideo\Logs\

 

%USERPROFILE%および%LOCALAPPDATA%はWindowsのシェル変数です。

これらはディレクトリの場所を表しますが、PCの環境によって異なります。

エクスプローラのアドレスバーにコピーしてEnterを押下すると該当のフォルダに移動できます。

多くの場合、下記ディレクトリとなります。

 

  • Windows XP

C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Cisco\JabberVideo\Logs\

  • Windows Vista/7

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Cisco\JabberVideo\Logs\

 

ログレベルの変更

 

  1. Jabber for Telepresence(Movi)を終了
  2. ログディレクトリ内のlogs.iniをテキストエディタで開く
  3. ログレベル変更したい個所のLevel=の右辺を編集する
  4. logs.iniを保存して閉じる
  5. Jabber for Telepresence(Movi)を起動

 

例) SIPのログレベルをDEBUGにする場合、[SIP]の1行下のLevel=xxxをLevel=DEBUGとしてください。

[SIP]
Level=DEBUG

 

注) 設定可能なログレベルの一覧はlogs.iniの先頭に以下のように列挙されています。

 

# Possible Level values:
#   NONE (0), FATAL (100), ERROR (200), WARNING (300), INFO (400), DEBUG (500), TRACE (600)

 

■Mac OSX

 

ログの保存場所

 

Movi 4.2および以前のバージョン            :~/Library/Logs/Movi/

Jabber Video 4.3および以降のバージョン:~/Library/Logs/Jabber Video/

 

ログレベルの変更

 

  1. Jabber Video(Movi)を終了
  2. ターミナルを起動
  3. Jabber Video(Movi)の設定はcom.cisco.jabbervideo .plist (Moviの場合、com.cisco.movi .plist)
  4. 現在の設定を参照する場合、「defaults read com.cisco.jabbervideo」を実行(Moviの場合、com.cisco.movi)
  5. ログレベルを変更する場合、「defaults write com.cisco.jabbervideo LogLevel -dict-add <モジュール> <レベル>」を実行(Moviの場合: replace com.cisco.jabbervideo with com.cisco.movi)
  6. Jabber Video(Movi)を起動

 

設定可能なモジュール

    • Default
    • PME (4.2および以降のバージョンで有効)
    • TAF
    • GStreamer
    • SIP
    • Audio
    • Client
    • HTTP (4.3および以降のバージョンで有効)
    • ICE

 

設定可能なレベル

    • NONE
    • FATAL
    • ERROR
    • WARNING(デフォルト値)
    • INFO
    • DEBUG
    • TRACE

 

例) SIPログレベルがERRORとなっている場合、以下の表示となります。

LogLevels =     {
    SIP = DEBUG;
};

 

例) SIPログレベルをDEBUGとする場合、下記コマンドを実行

 

defaults write com.cisco.jabbervideo LogLevels -dict-add SIP DEBUG

 

891
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント