シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

MCUのH.323/SIPログの取得方法

本ドキュメントではCisco TelePresence MCUのH.323/SIPログ取得手順を説明します。

H.323/SIPログは、MCUで以下のような問題が生じる際、その調査を行うために有効です。

  • コールが接続できない
  • 会議から端末が突然切断
  • MCUのH.323 ID/SIP URIがGatekeeper/SIP Proxyサーバに登録できない

など

 

1. MCUのWebUIに管理者権限ユーザでログインし、「ログ > H.323ログ」のページに進みます。(UIを英語設定としている場合、Logs > H.323/SIP log)

 

 

2. 「ログをクリア(Clear log)」をクリックし、既存のログ情報を消去します。MCUのH.323/SIPログ容量は2000行です。2000行を超えた場合、最古の記録から順次消去されます。

 

 

3. MCUは通常時、H.323/SIPログは取得しない設定となっていますので、「ロギングを有効にする(Enable H323/SIP logging)」をクリックしてログ取得を開始してください。

ログ取得を有効にすると、MCUの処理負荷が上がりますので、通常運用時には無効とし、問題調査を行う際にのみ有効としてください。

 

 

4. 調査したい問題を再現します。問題の調査のためには、コールの開始時・終了時の情報が必要となりますので、必ず手順3.でログ取得を開始してから問題のコールを開始してください。

 

5. 問題の再現を確認し、コールを切断した後に、「ロギングを無効にする(Disable H323/SIP logging」をクリックして、ログ取得を無効としてください。

H.323/SIPログ取得はMCUに処理負荷をかけますので、調査対象のコールのログ取得完了後にログ取得を無効としてください。

 

 

6. 「XMLとしてダウンロード(Download as XML)」をクリックし、ファイルを保存します。

 

 

7. 手順6.でログファイルを保存後、「ログをクリア(Clear log)」をクリックしてMCUに保存されているログ情報を消去します。

 

 

備考. ユーザインタフェースを英語設定とした場合にはH.323/SIPログページは以下のとおりに表示されます。

 

コメント
Cisco Employee

MCUのログ取得について、以下のドキュメントもございます。

 

MCUでのパケットキャプチャ取得方法

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12067496

 

MCUのクラッシュ問題において、必要なログおよび取得方法について

https://supportforums.cisco.com/ja/document/137466

685
閲覧回数
0
いいね!
1
コメント