キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

PCM Capture 取得手順


概要

エコー等の音声品質の問題、FAXコールに関する問題などがあった場合、実際にVoice Gatewayで処理された音声ストリームを取得するため、PCM Captureが必要になる場合があります。ここではPCM Captureの取得手順を紹介します。

注意: この手順はIOS Verisonが15.2.1Tまでの手順となり、15.2.2T以降では手順が異なります。15.2以降でのPCM Captureの手順はこちらを参照してください。

 

手順

事前準備としてバッファサイズの設定と、PCM Captureのファイルに関する設定をしておく必要があります。

  1. バッファサイズを設定します。以下のコマンドをGlobal Configモードで設定します

    Router(config)#voice hpi capture buffer 10000000
     
  2. ファイルの保存先を設定します。ファイル名を"pcm.dat"とした場合の例です
    • ファイルをFlashに保存する場合
      Router(config)#voice hpi capture destination flash:pcm.dat
    • ファイルをTFTPサーバに保存する場合

               Router(config)#voice hpi capture destination tftp://<TFTP ServerAddress>/pcm.dat

 

 

上記設定終了後、以下のコマンドでPCM Captureを起動し、問題となるコールを再現させます。

 

     Router#test voice port [voice port#.ch] pcm-dump caplog 7 duration x

 

     例) Voice-port 0/0/0:23、channel 1の音声を60秒間取得する場合

     test voice port 0/0/0:23.1 pcm-dump caplog 7 duration 60

 

通話開始時、下記の様なメッセージがconsoleに出力されていることを確認します

 

PCM Capture Started: ch_num=1, time_interval=0, streamid=7

 

通話中にcaptureのdrop が発生していないことを確認してください。

 

Router#show voice hpi capture

 

HPI Capture is on and is logging to URL flash:pcm.dat

35186 mesages sent to URL, 0 messages dropped

Message Buffer (total:inuse:free) 15243:0000:15243

Buffer Memory: 4999704 bytes, Message size: 328 bytes

 

 

コールを切断後、PCM Captureの取得を終了します。

 

Router#test voice port [voice-port#.ch] pcm-dump disable

Router(config)#no voice hpi capture destination flash:pcm.dat

 


注意点

  • PCM Captureは同時にひとつのポート(or チャネル)でのみ取得可能です。
  • 取得したファイルから音声ストリームを確認するためには専用のツールでの処理が必要になるため、TACにSRをオープンしてください。
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-27-2012 05:38 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)