シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

'show call history voice' のバッファサイズを増やす方法

ゲートウェイ上のshow call history voice というコマンドは、該当するゲートウェイを通った過去のコール情報を表示させるコマンドです。

たとえば、コール時間、発信元や発信先の番号・IP アドレス・RTP ポート・RTP パケット数などが表示されます。

例(抜粋):

Capture.JPG

本コマンドの出力には、デフォルトの設定では最後の50コール、又は15分間のコール情報しか保存されません。

トラブルシューティングのためにバッファサイズを増やしたい場合、下記の設定で変更することができます。

dial-control-mib max-size <コール数>   *最大値:1200 (プラットフォームやIOS バージョンによって変わる場合もあります)

例:

Router(config)#dial-control-mib max-size 500  (最後の500コール)

dial-control-mib retain-timer <分>  *最大値: 35791分間

例:

Router(config)#dial-control-mib retain-timer 360     (最後の6時間)

965
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント