キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

SNMP によるアクティブコール数の監視方法

     

     

    はじめに

    このドキュメントでは、ボイスゲートウェイや Cisco Unified Border Element (CUBE) におけるアクティブコール数を SNMP を用いて監視する方法について記載します。コール数を適切に監視することによって、設計どおりにコールが送受信されているか、不正なコールはないかなどを確認することができます。

    アクティブコール数の MIB

    下記の CISCO-VOICE-DIAL-CONTROL-MIB にて、プロトコル毎、ダイアルピア毎、インタフェース毎にアクティブコール数を取得することができます。cvCallVolume は IOS 15.1(1)T 以降でサポートされています。

    MIB: CISCO-VOICE-DIAL-CONTROL-MIB
    OID: cvCallVolume
    OID#: 1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8

     

    • プロトコル毎のアクティブコール数

    プロトコル毎のアクティブコール数は cvCallVolConnEntry (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.1.1) で提供されています。cvCallVolConnIndex (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.1.1.1) によってプロトコルタイプが下記の通り定義されています。

    h323 (1)
    sip (2)
    mgcp (3)
    sccp (4)
    multicast (5)
    cacontrol (6)
    telephony (7)

    上記の定義を用いて、それぞれのプロトコルのアクティブコール数を CvCallVolConnActiveConnection (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.1.1.2) で取得できます。

    H.323: CvCallVolConnActiveConnection.1 (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.1.1.2.1)
    SIP: CvCallVolConnActiveConnection.2 (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.1.1.2.2)
    Telephony: CvCallVolConActiveConnection.7 (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.1.1.2.7)

    また、トータルコール数(各プロトコルのコール数の合計)は cvCallVolConnTotalActiveConnections (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.2) で取得できます。

    これらのコール数は、コールレグ単位となることに注意してください。例えば、ボイスゲートウェイが PSTN から PRI 経由でコールを受信し、CUCM などへ SIP 経由でそのコールを送信する場合は、Telephony と SIP がそれぞれ 1 となり、合計 2 となります。

    上記 MIB は、show call active voice summary コマンドの値とマッピングしています。以下は PSTN - SIP でコールを接続した時の例となります。

    Router#show call active voice summary
    Telephony call-legs: 1
    SIP call-legs: 1
    H323 call-legs: 0
    Call agent controlled call-legs: 0
    SCCP call-legs: 0
    Multicast call-legs: 0
    Total call-legs: 2
    

     

    • ダイアルピア毎のアクティブコール数

    ダイアルピア毎のアクティブコール数は cvCallVolPeerTable (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.4.1) で提供されています。Incoming ダイアルピアと Outgoing ダイアルピアそれぞれについて cvCallVolPeerIncomingCalls (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.4.1.2) と cvCallVolPeerOutgoingCalls (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.4.1.1) で取得できます。ここで、ダイアルピアのタグ ID がインデックスとして用いられます。つまり、Incoming ダイアルピア 1 のコール数は cvCallVolPeerIncomingCalls.1 (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.4.1.1.1) で取得でき、Outgoing ダイアルピア 2 のコール数は、cvCallVolPeerOutgoingCalls.2 (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.4.1.2.2) で取得できます。

     

    • インタフェース毎のアクティブコール数

    インタフェース毎のアクティブコール数は cvCallVolIfEntry (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.5.1) で提供されています。このテーブルのインデックスは IF-MIB の ifIndex (1.3.6.1.2.1.2.2.1.1) で取得できるインタフェース番号を用いて取得できます。
    インタフェースの Incoming アクティブコール数と Outgoing アクティブコール数は、それぞれ cvCallVolMediaIncomingCalls (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.5.1.1) と cvCallVolMediaOutgoingCalls (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.5.1.2) で取得できます。GigabitEthernet 0/0 のインタフェース番号が 1 の場合、GigabitEthernet0/0 の Outgoing アクティブコールは cvCallVolMediaOutgoingCalls.1 (1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.5.1.2.1) で取得できます。

     

    • cvCallVolume の取得例

    ボイスゲートウェイが ISDN から POTS ダイアルピア 1 でコールを受信して、VOIP ダイアルピア 2 から SIP でそのコールを対向装置へ送信する場合は下記の値が取得されます。

    cvCallVolume.cvCallVolConnTable.cvVolConnEntry.cvCallVolConnActiveConnection.1  :  0 
    cvCallVolume.cvCallVolConnTable.cvVolConnEntry.cvCallVolConnActiveConnection.2  :  1  <<< SIP のコール数
    cvCallVolume.cvCallVolConnTable.cvVolConnEntry.cvCallVolConnActiveConnection.3  :  0 
    cvCallVolume.cvCallVolConnTable.cvVolConnEntry.cvCallVolConnActiveConnection.4  :  0 
    cvCallVolume.cvCallVolConnTable.cvVolConnEntry.cvCallVolConnActiveConnection.5  :  0 
    cvCallVolume.cvCallVolConnTable.cvVolConnEntry.cvCallVolConnActiveConnection.6  :  0 
    cvCallVolume.cvCallVolConnTable.cvVolConnEntry.cvCallVolConnActiveConnection.7  :  1  <<< Telephony のコール数
    cvCallVolume.cvCallVolConnTotalActiveConnections.0  :  2  <<< 上記の合計
    cvCallVolume.cvCallVolConnMaxCallConnectionLicense.0  :  0 
    cvCallVolume.cvCallVolPeerTable.cvCallVolPeerEntry.cvCallVolPeerIncomingCalls.1  :  1  <<< Dial Peer 1 の Incoming コール数
    cvCallVolume.cvCallVolPeerTable.cvCallVolPeerEntry.cvCallVolPeerIncomingCalls.2  :  0 
    cvCallVolume.cvCallVolPeerTable.cvCallVolPeerEntry.cvCallVolPeerOutgoingCalls.1  :  0 
    cvCallVolume.cvCallVolPeerTable.cvCallVolPeerEntry.cvCallVolPeerOutgoingCalls.2  :  1  <<< Dial Peer 2 の Outgoing コール数
    cvCallVolume.cvCallVolIfTable.cvCallVolIfEntry.cvCallVolMediaIncomingCalls.1  :  0
    cvCallVolume.cvCallVolIfTable.cvCallVolIfEntry.cvCallVolMediaIncomingCalls.2  :  0
    cvCallVolume.cvCallVolIfTable.cvCallVolIfEntry.cvCallVolMediaIncomingCalls.1  :  1  <<< GigabitEthernet0/0 の Outgoing コール数
    cvCallVolume.cvCallVolIfTable.cvCallVolIfEntry.cvCallVolMediaIncomingCalls.2  :  0

     

    • CISCO-VOICE-DIAL-CONTROL-MIB cvCallVolume OID 一覧
    OIDOID#説明
    cvCallVolConnIndex1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.1.1.1cvCallVolConnTable のインデックス。H.323 は 1、SIP は 2、Telephony は 7
    cvCallVolConnActiveConnection1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.1.1.2プロトコル毎のアクティブコール数
    cvCallVolConnTotalActiveConnections1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.2トータルコール数
    cvCallVolPeerIncomingCalls1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.4.1.1ダイアルピア毎の Incoming アクティブコール数
    cvCallVolPeerOutgoingCalls1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.4.1.2ダイアルピア毎の Outgoing アクティブコール数
    cvCallVolMediaIncomingCalls1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.5.1.1インタフェース毎の Incoming アクティブコール数
    cvCallVolMediaOutgoingCalls1.3.6.1.4.1.9.9.63.1.3.8.5.1.2インタフェース毎の Outgoing アクティブコール数

     

    関連情報

    バージョン履歴
    改訂番号
    2/2
    最終更新:
    ‎08-29-2017 06:02 PM
    更新者:
     
    ラベル(1)
    寄稿者: