キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

SRオープン前の確認事項(TelePresence - TMS)

[toc:faq]

 

はじめに

このドキュメントでは、Cisco TelePresence Management Suite(TMS)に関する問題のトラブルシューティングについて記載します。

SRをオープンする前に、本ドキュメントに記載の切り分けを実施し、必要情報を取得・整理することが的確・迅速な問題解決に必要となります。

その他のTelePresence製品のトラブルシューティング情報についてはテレプレゼンスのトラブルシューティング関連リンクをご参照ください。

 

基本情報

Cisco.comドキュメント

Product - TMS

http://www.cisco.com/c/en/us/products/conferencing/telepresence-management-suite-tms/index.html

  • データシート、EoL/EoSなど、製品に関する基本情報

 

Product Support - TMS

http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresence-management-suite-tms/tsd-products-support-series-home.html

  • ソフトウェアダウンロードページへのリンク
  • Release Note、Admin Guideなどのドキュメント
  • その他、製品サポートに関する情報

 

TMSの構成

  • TMSのソフトウェアバージョン
  • Windows Server、SQLサーバのバージョン(サービスパック等のバージョンも含める)
  • 1台構成、冗長構成
  • SQL ServerはTMSと同じWindows Serverにインストールしているかどうか
  • TMSPE、TMSXEの使用有無

    - 使用している場合、ソフトウェアバージョン

  • Active Directory連携の有無
  • TMS Booking APIを使用しているアプリケーションの有無

 

その他

  • エラーメッセージが表示されている場合、画面のスクリーンショット

    - 不具合情報の検索などを容易にするため、可能であれば英語表示で取得

  

取得ログ

 - 会議の作成/終了、参加者の接続/切断などの記録

    - TMSの各サービスのエラーや動作の記録

    - TMSに登録されているシステムや会議などの情報

  • パケットキャプチャ

    - TMSと他システム(MCU/VCS/エンドポイントなど)との間の通信内容を確認する

      (注) パケットの内容を確認するために非暗号化通信とする

                       - TMS とMCU間のAPI通信を非暗号化する方法について

  • TMSのWebUIにアクセスしているPCの情報

    - OSの種類とバージョン

    - Webブラウザの種類とバージョン

    - Javaコンソールログ

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-19-2016 02:46 AM
更新者:
 
ラベル(1)