シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

TCSのログ取得手順

Cisco TelePresence Content Server(TCS)のログ取得手順を紹介します。

  • 本記事は、Windows Server 2003上で動作するTCS 5.3で実施する手順の解説です。

WebUIからのログファイルダウンロード

TCSのWebUIにログインし、Management > Diagnostics > Server logsからログをダウンロードできます。

ダウンロードするログ種別は、Content Engine, Transcode Engine, Helper, Content Libraryが選択可能です。

06_WebUI_Management_Diagnostics_Serverlogs - Copy.png

Windows ServerのEドライブから取得

TCSのログはTCSが動作しているWindows ServerのEドライブのlogsに保存されていますので、リモートデスクトップ接続などでEドライブ内のファイルを取得することもできます。

02_RDP_logs.png

ログレベルをDEBUGに設定する方法

注) DEBUGレベルの設定は、トラブルシューティング時に適用し、通常運用時には適用しないようにしてください。

1. TCSが動作しているWindows ServerのStartボタンからAdministrative Tools > Servicesを開きます。

03_RDP_StartAdministrativeToolsServices.png

2. Servicesのウィンドウで、DEBUGレベルとするサービスを右クリックしてPropertiesを開きます。下図の例ではTCS Content Engineサービスを選択しています。

04_RDP_TCSCE_Properties - Copy.png

3. ServiceをStopしてからStart parametersに-d 2と入力して、Startします。サービスの起動には1-2分かかることがあります。

05_RDP_TCSCE_Properties - Copy.png

4. 上記ログレベルを設定した状態で、調査する事象を再現させ、ログファイルを取得してください。

5. ログファイルの取得完了後に、手順3.のウィンドウでサービスをStopし、Start parametersに入力した-d 2を削除してサービスを再Startしてください。

Windows Serverのイベントログ

TCS自体のログとは別に、Windows Serverのイベントログを確認することができます。

TCSが動作しているWindows ServerのStartボタンからAdministrative Tools > Event Viewerを開いてください。

08_RDP_EventViewer.png

コメント
Cisco Employee

.

468
閲覧回数
0
いいね!
1
コメント