シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TelePresence EP: ISDN Link 設定例

はじめに

ISDN デジタル通信を利用したビデオ会議は標準規格H.320 制定から30年近く経った今でもインターネット接続の確保出来ない地域とのコミュニケーションや非常時のバックアップ手段として利用されます。

本稿では、Cisco TelePresence エンドポイント SX20, SX80 および MX シリーズに ISDN 機能を付加する Cisco TelePresence ISDN Link の簡単な設置例を各種ドキュメントをもとに解説します。

前提条件

  • SX20: CE8.3.2
  • ISDN Link : IL1.1.6 
  • ISDN回線: INS64 (2xBチャネル利用)・ダイヤルイン契約なし

(参考情報)

ISDN Linkをサポートする端末: SX20/SX80, MX200G2,MX300G2,MX700,MX800,MX800D (SX10/DX/RoomKitなどはサポートしません)

CE9.0 では CSCve76632が登録されています

配置

ISDN Link インストレーションガイドをもとに配線します。

Cisco TelePresence エンドポイントと ISDN Link の間は Link Local アドレスを利用した IPv6通信となります。TelePresence 端末側のネットワーク設定が Dual である必要があります。

通常はレイヤー2スイッチを間に挟みます。DHCPでISDN Link にアドレスを振ります。

ISDN のモードはPRI / BRI の選択はどちらかとなります。ここでは ISDN DSU からストレートケーブルで Port 1 に差し込みます。

ソフトウェアのアップグレードはペアリング後に実施します。

設定

IPv6 Link Local Addressを利用して検知しペアリングします。

Setup > Peripherals からAdd ISDN Link をクリックします。

同一セグメントにあるISDN Link を検知するので Pair をクリックし、SX20 から ISDN Link を管理できるようにします。

ISDN Link ペアリング完了後、Web管理画面によるアップロード機能を利用してIL1.1.6 にソフトウェアをバージョンアップします。

ISDN Link ソフトウェア互換性情報は各TC/CE のリリースノートに記載があります。

ISDN Configuration > H320 で Net Type を BRI にします。

ISDN > BRI の Switch Type を Japan にします。

Interface 1 の Mode を On, Interface 2-4の Mode を Off にします。

ここまでで、ISDN Link の設定は完了です。ISDN 発信のプロトコルプリフィックスは H320: となります。

Setup > Configuration > Default Protocol で H320 を指定することで電話番号だけでISDN 発信可能な端末にすることができます。

また、電話帳で h320:xxxyyyzzz の形式でアドレス帳登録をする、h320: だけのエントリを追加することで番号を指定して発信をしやすくすることができます。

参考

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12746771

TelePresence ISDN Linkのログ取得方法

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12371661

TC端末とISDN Linkのオートペアリングに必要な最小MTU値

https://supportforums.cisco.com/ja/discussion/13126161

ISDN LINKの設定と動作

https://supportforums.cisco.com/ja/discussion/11854736

ISDN LINKの電源ケーブル

https://supportforums.cisco.com/ja/discussion/12336386

INS64での接続は可能か

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
152
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント