キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TestFlight による iPhone への検証用アプリの配布について

 

はじめに

Cisco Jabber 等の iPhone 用のアプリの開発、不具合調査を行う際、
ユーザ環境に検証用ソフトウェアを配布してテストを行う場合があります。

以前は、iPhoneのハードウェアに紐付く UDID (またはUUID) を登録して
アプリを配布していましたが、作業が複雑であり、利便性に問題が
ありました。

最近は、TestFlightと呼ばれる新しいアプリの配布方法が利用できる
ようになり、ユーザの Apple ID を登録するだけで、検証用アプリが
配布できるようになりました。

ここでは、Cisco Jabber用の検証用アプリを iPhone に配布する例を
紹介します。

 

1.ユーザの Apple ID の確認

検証テストに参加するユーザから開発側(Cisco等)にApple ID
(メールアドレス)を通知します。開発側では、Apple IDを
システムに登録します。

 

2.App StoreからTest Flightをダウンロード

App Storeから、検証用のiPhoneにTestFlightアプリをインストールします。

 

 

3.開発側に通知したApple ID 宛のメールを受信

検証テストに参加するユーザに案内メールが送付されます。

 

4.Test Flightで 検証用アプリをインストール

ユーザは TestFlight システムを介して、iPhoneに検証用アプリをインストールします。

上図は、上書きインストールの例です。

設定データ等を初期化したい場合、事前に、既存アプリをアンインストールしておきます。

 

アプリインストール後、アプリを起動して検証テストを行います。

 

5.検証終了後、標準のアプリに切り戻し

Test Flightでインストールしたアプリを削除し、App Storeで再度
インストールすれば、元のバージョンに戻せます。


まとめ

ここでは、TestFlightを使用した検証用アプリの配布方法について
説明しました。

今後、TestFlightの使用により、アプリ開発、不具合調査が
より円滑に行えるようになることが期待されます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-20-2015 04:49 AM
更新者:
 
ラベル(1)