シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TMS:エンドポイントが「ファイヤーウォールの背後」と表示される

TMSの システム>ナビゲータ の画面に登録されている個々のシステムを選択した画面で、下記のように接続性が「ファイヤーウォールの背後」となる場合があります。

 

ここでは、TMSがどのように判断して、システムの接続性を「ファイヤーウォールの背後」と判断しているかを説明します。

 

TMS-System-Navigator-Connectivity.PNG

Behind firewall[ファイヤーウォールの背後]

 

Cisco TMSは、システムがTMSにレポートする status.xmlファイルの中のIPアドレスと、そのstatus.xmlファイルを送信してきたHTTPパケットのIPアドレスが異なっている場合、自動的にそのシステムがファイヤーウォールの背後にあるものと認識し、接続性を「ファイヤーウォールの背後」と設定します。

 

本説明は、TMSのオンラインヘルプで、”Connectivity”と検索いただいても確認できます。

325
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント