シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TMS パフォーマンスカウンタの取得方法

 


はじめに

 本ドキュメントでは、Cisco TelePresence Management Suite(TMS) のパフォーマンスログの取得方法について説明します。特定のサービスの CPU 使用率やメモリ使用量などが高騰するような問題が発生した際に、その傾向を把握するのに役立つログになります。

 TMS は Windows サーバ上で動作するソフトウェアであり、パフォーマンスログについては、Windows のパフォーマンスツールで取得することになります。

 本ドキュメントの記載は Windows Server 2008 R2 Standard 64-bit を元に作成しています。

 

データコレクター セットの設定

1. TMS が動作している Windows 上でパフォーマンスツールを起動します。

 スタートメニューでファイル名を指定して実行から、perfmon と入力すると起動します。

00

 

2. データコレクタセット > ユーザ定義 を右クリックして データコレクターセット 新規作成 します。

01

 

3. 任意の名前を設定し、テンプレートから作成する にチェックしたまま 次へ をクリックします。
 (*) 特定のカウンタ値のみ取得したい場合には、手動で作成する にチェックしてその後の画面で設定して下さい。

02

 

4. System Performance のテンプレートを選択し 次へ をクリックします。

03

 

5. データの保存先ディレクトリを指定します。

04

 

6. このデータコレクタセットのプロパティを開く を選択し、次へ をクリックします。

06

 

7. 停止条件 タブで取得する期間や1ファイルあたりのサイズなどのカスタマイズを行います。

 本ドキュメントでは、以下の条件の設定例を示します。

  • 全体の期間:5日間取得し続けて終了する
  • 制限値:ファイルサイズが 30MB になると新しいファイルにデータを保存し、これを繰り返す

 弊社ラボ環境では、別途設定するデータの取得間隔を 15秒とした場合に、30MB のファイルに 4時間半程度のパフォーマンスログが保存されました。

07

 取得したい状況に応じて、本タブ内だけではなく、そのたタブ内の設定項目をカスタマイズして下さい。

8. 作成されたユーザ定義の Performance Counter を右クリックし プロパティ を開きます。

08

 

9. パフォーマンスカウンタ タブで、データの取得間隔を設定します。最小1秒から設定できますが、本例では 15秒を設定します。

09

 この間隔については、どのような事象の傾向を掴みたいかに応じて異なります。CPU 使用率が非常に短い間隔で高騰するような事象の場合には、最小の 1秒が望ましいですが、緩やかにメモリ使用量が上昇するような場合には、長期間の取得が必要なため15秒や30秒など長めに設定することが望ましいです。

 

パフォーマンスログの取得

1. 作成されたユーザ定義のデータコレクタセット(本例では Performance data)を右クリックし 開始 します。

 

2. 開始するとデータが保存されます。

 本例では保存先ディレクトリは初期値です。

 このフォルダ内に実際のデータが保存されます。上記で 制限値 を設定し複数ファイルに保存する場合は、制限値に到達した時点で、ここに新しいフォルダが作成されます。

 以下はこのフォルダ内の状態です。Performance Counter というファイルが実際のデータになります。

 

3. 生成された全てのフォルダを取得して下さい。

 

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎08-31-2017 03:32 AM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者:
タグ(1)