キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TMS/TMSPEのログ取得方法

Cisco TelePresence Management Suite(TMS) および Cisco TelePresenceManagement Suite Provisioning Extension

(TMSPE)と、Windows Serverのログ取得手順を紹介します。

WebUIからのログファイルダウンロード

TMS12.2以降は、WebUIにログインし、管理ツール>TMSサーバーメンテナンスに進み、TMS診断にある「ログファイルのダウンロード」ボタンをクリックすることでzipファイルとしてダウンロードできます。

TMSPEがインストールされている場合は、そのログもzipファイルに含まれます。

TMS14.2.2DownloadingLog.PNG

Windows ServerのCドライブから取得

TMSのログはTMSが動作しているWindows ServerのC:\Program Files (x86)\TANDBERG\TMS\wwwTMS\data\Logs\tmsdebugに、TMSPEのログはC:\Program Files (x86)\TANDBERG\TMS\TMSProvisioningExtension\app\logs に保存されていますので、リモートデスクトップ接続などで上記ディレクトリごと取得することもできます。

TMSのログ

TMS14.2.2DownloadingLogFromWindowsServer.PNG

TMSPEのログ

TMS14.2.2DownloadingTMSPELogFromWindowsServer.PNG

Windows Serverのイベントログ

TMS自体のログとは別に、Windows Serverのイベントログを確認することができます。

TMSが動作しているWindows ServerのStartボタンからAdministrative Tools > Event Viewerを開いてください。

それぞれのEventログを、.evt フォーマットで保存します。

TMS14.2.2DownloadingWindowsServerEventlog.png

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎09-27-2013 01:53 PM
更新者:
 
ラベル(1)
コメント
Cisco Employee

TMSのログファイルのパスは、TMSLOGFILESという環境変数で指定されています。

 

TMS14からは、TMSLOGFILES=C:\Program Files (x86)\TANDBERG\TMS\Data\Logsになっています。

ログ取得の際には、C:\Program Files (x86)\TANDBERG\TMS\Data\Logs\tmsdebug からログを取得します。

 

TMS14をお使いでも、TMS13からアップグレードした場合は、以前のパスのままですので、上記の記事通りで結構です。