キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Touch 10 のログ取得方法

このドキュメントでは、Touch 10 のログ取得方法について手順を説明します。

 

 

事前準備

 

- Micro USB - USB (データ転送用) ケーブル

 

- Windows 7 がインストールされたPC

 

 

接続手順

1. 事前に準備したMicro USB - USB ケーブルで、Touch 10 のMicro USB と、PC のUSB ボートを接続します。
なお、ネットワークに接続されているWindows 7 を使用している場合は、初回接続時にドライバーがインストールされます。

 

2. シリアルポートを以下の設定にし、コンソールを接続します。

シリアルポートの設定
ボー・レート: 115200
データ         : 8ビット
パリティ      : なし
ストップ      : 1ビット
フロー制御   : なし


3. ログインプロンプトが表示されたら、”support”のユーザ名にてログインを行います。
なお、パスワードは必要ありません。

 


トラブルシュートのためのコマンド一覧

 

トラブルシュートのためのコマンドを紹介します。

 

情報を表示するコマンド

$ netstat
ネットワークの接続の情報を表示します。

 

$ selectsw
現在と一世代前のソフトウエアのバージョンを表示します。

 

$ uname
Linuxのバージョンを表示します。

 

$ ip XXXX
IPの情報を表示します。以下のオプションを使用する事が出来ます。

Usage: ip [ OPTIONS ] OBJECT { COMMAND | help }
       ip [ -force ] -batch filename
where  OBJECT := { link | addr | addrlabel | route | rule | neigh | ntable |
                   tunnel | tuntap | maddr | mroute | mrule | monitor | xfrm |
                   netns | l2tp | tcp_metrics | token }
       OPTIONS := { -V[ersion] | -s[tatistics] | -d[etails] | -r[esolve] |
                    -f[amily] { inet | inet6 | ipx | dnet | bridge | link } |
                    -4 | -6 | -I | -D | -B | -0 |
                    -l[oops] { maximum-addr-flush-attempts } |
                    -o[neline] | -t[imestamp] | -b[atch] [filename] |
                    -rc[vbuf] [size]}

入力例)
$ ip link
$ ip addr


$ quit
コンソールからログアウトします。


Event関連のログ表示するコマンド

$ show touchmenu
メニューアプリケーションのログを表示します。


$ show main
メインプロセスのログを表示します。

 

Linux関連のログ表示するコマンド
$ show console
DHCP, NTP, VLAN等のネットワーク関連のログを表示します。

 

$ show dmesg
Device driverのログを表示します。

 

$ show kern
Linux kernelのログを表示します。

 

$ show messages
Linux daemon等のログを表示します。

 

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎09-09-2015 01:13 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)