シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TranslatorX でコールシーケンスを表示する方法

TranslatorX は、Cisco Unified Communications Manager (CUCM) の Cisco CallManager トレースや Cisco Unified Border Element (CUBE) / Voice Gateway の SIP デバッグログを解析するツールです。

本文書では、TranslatorX でメッセージの内容を表示し、コールシーケンスを表示する方法を紹介します。

1. トレースファイルの読み込み

TranslatorX でトレースファイルを読み込む方法」を参照して、TranslatorX にトレースファイルを読み込んでください。

2. メッセージ内容の表示

トレースファイルを読み込むと下記のような画面が表示されます。トレースファイルに記録されているメッセージのサマリが画面上部に表示され、選択したメッセージの詳細が画面下部に表示されます。

Message.png

各列の意味は下記の通りです。

  • Timestamp: そのメッセージが送受信された時刻
  • Node/Interface: トレースを取得した CUCM もしくはVoice Gateway/CUBE のインタフェース
  • Device IP: IP Phone やゲートウェイなど、対向ノードの IP アドレス
  • Direction: OUT: トレースを取得したノードから送信、 IN: トレースを取得したノードが受信
  • Protocol: プロトコル (SCCP, SIP, Q.931, H.225, H.245, MGCP, MGCP Backhaul)
  • Message Name: 各プロトコルのメッセージ名
  • TCP Handle/From Tag: SCCP の TCP Handle や SIP From tag
  • Call Ref / ID: Q.931 Call Reference や SIP Call-ID

また、画面下部をスクロールすると、そのメッセージの元となるトレースファイルのファイル名が記載されていることが確認できます。

Message2.png

3. コールシーケンスの表示

画面右下の Generate Diagram を押すと、下記のようにコールシーケンス (Call Flow Sequence) が表示されます。

Diagram.PNG

flow.png

各メッセージをクリックすると、その内容が表示されます。

REFER.png

594
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント