シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Unified CM 10.x 以降で Host Name を FQDN 形式や IP Address に変更する手順

本ドキュメントでは、Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) 10.x 以降で、Host Name (Unified CM Administration GUI > System > Server で設定) を Host Name から FQDN 形式や IP Address に変更する手順を説明します。

例えば、Jabber for Windows (Jabber) を導入する際、Jabber をインストールする PC のドメインと Unified CM のドメインが異なる場合には、この設定に注意が必要です。

Host Nameを設定していると、Jabber 起動時の Unified CM のアドレス解決時に Host Name + PC のドメインサフィックス を用いて DNS Server に問合せを行います。この結果、Unified CM の IP Address を引くことができずに接続不可となります。

Jabber 上には、サーバと通信できません と表示されます。

この問題を解決させるためには、以下のいずれかが必要です。

  • PC の hosts ファイルへ Unified CM のアドレスレコードを記載する。(全ユーザの PC が変更対象)
  • Unified CM の Host Name を FQDN 形式に変更する。

ここでは後者の手順を記載します。

 

-------

Unified CM の Host Name を FQDN 形式 / IP Address に変更する手順

(1) DNS が正しく設定されていることを確認
Unified CM の Pub 上で、show network eth0 detail コマンドと utils network host <host名> で確認します。
DNS サーバのアドレスと Domain が設定されており、現在の Host Name が正しく解決されることを確認して下さい。

admin:show network eth0 detail
Ethernet 0
DHCP         : disabled           Status     : up
IP Address   : 192.168.98.130     IP Mask    : 255.255.255.000
Link Detected: yes                Mode       : Auto disabled, Full, 10000 Mbits/                            s
Duplicate IP : no
Queue Length : 1000               MTU        : 1500
MAC Address  : 00:50:56:ba:5d:c9
RX stats:
  bytes   :    573839592   packets :     23282254   errors :            0
  dropped :            0   overrun :            0   mcast  :      8270944
TX stats:
  bytes   :   1735249055   packets :     10100604   errors :            0
  dropped :            0   carrier :            0   colsns :            0

DNS
Primary      : 192.168.98.1       Secondary  : Not Configured
Options      : timeout:5 attempts:2
Domain       : ucapp.cisco.com
Gateway      : 192.168.98.254 on Ethernet 0

admin:utils network host cucm105p
Local Resolution:
cucm105p.ucapp.cisco.com resolves locally to 192.168.98.130

External Resolution:
cucm105p.ucapp.cisco.com has address 192.168.98.130

(2) utils diagnose module validate_network コマンドが Pass することを確認

admin:utils diagnose module validate_network

Log file: platform/log/diag1.log

Starting diagnostic test(s)
===========================
test - validate_network    : Passed

Diagnostics Completed

 The final output will be in Log file: platform/log/diag1.log

 Please use 'file view activelog platform/log/diag1.log' command to see the output

(3) DB Replication が正常であることを確認
utils dbreplication runtimestate コマンドで (RTMT) が (2) であることを確認して下さい。

admin:utils dbreplication runtimestate

Server Time: Wed May 27 10:22:34 JST 2015

Cluster Replication State: BROADCAST SYNC Completed on 1 servers at: 2015-05-21-17-06
     Last Sync Result: 3 tables repaired. SYNC COMPLETED on 681 tables out of 681
     Sync Status: NO ERRORS
     Use CLI to see detail: 'file view activelog cm/trace/dbl/20150521_170422_dbl_repl_output_Broadcast.log'

DB Version: ccm10_5_2_12013_1
Repltimeout set to: 300s
PROCESS option set to: 1

Cluster Detailed View from cucm105p (2 Servers):

                                      PING      DB/RPC/   REPL.    Replication    REPLICATION SETUP
SERVER-NAME         IP ADDRESS        (msec)    DbMon?    QUEUE    Group ID       (RTMT) & Details
-----------         ----------        ------    -------   -----    -----------    ------------------
cucm105p            192.168.98.130    0.036     Y/Y/Y     0        (g_2)          (2) Setup Completed
cucm105s            192.168.98.131    0.099     Y/Y/Y     0        (g_3)          (2) Setup Completed

(4) Disaster Recovery System (DRS) によるバックアップの作成

変更による万が一の問題が発生した際の復旧のために、DRS を用いたバックアップを作成します。DRS については以下を参照して下さい。

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/voice_ip_comm/cucm/drs/10_0_1/CUCM_BK_D220A91D_00_disaster-recovery-system-cucm-100.html

(5) クラスタ内の全 Unified CM の Host Name / IP Address を変更

Unified CM Administration GUI > System > Server で Host Name / IP Address の項目を変更します。 

(6) 全 Unified CM 内の TFTP Service をリスタートし、全 Device をリスタート

(7) 全 Device がレジストしていることを確認

 

本作業によるユーザ影響としては、呼制御がダウンする (6) から (7)の確認までの時間となりますが、Device の数やネットワークの状況などによって異なります。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-08-2015 03:13 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)