シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

VCSのログ取得手順

Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)のログ取得手順を紹介します。

本記事の対象は、VCS Control及びExpresswayとなります。

 

本記事は、TelePresence Infrastructure Technical Handbookの内容に基づいて記述しています。

 

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-15644

 

重要: 通話の確立処理のすべてをキャプチャし、全出力をファイルに漏れがなく確実に記録するために、ログキャプチャは通話/会議の開始前に開始してください。

 

 

H.323/SIP呼に関する問題が発生する

 

1. シリアル・コンソール、SSHもしくはTelnet経由でVCSのコンソールへアクセスします。

2. 以下コマンドにて出力情報をファイルに保存します。

xstatus

xconfig

3. 次にブラウザを開きVCSの管理画面へアクセスします。

4. 下記メニューへ遷移します。

メンテナンス > 診断 > 診断ログ

(Maintenance > Diagnostics > Diagnostic logging > )

5. 以下ログレベルをそれぞれ"DEBUG"へ変更します。

ネットワークログレベル: DEBUG

相互接続ログレベル: DEBUG

(Network log level: DEBUG)

(Interworking log level: DEBUG)

6. 以下ボタンより採取が開始されます。

新規ログの開始

(Start new log)

7. 症状の発着信を実施し再現性を確認後すべて切断します。

8. 同様に"診断ログ"画面より採取を終了します。

ログの停止

(Stop logging)

9. そこまでのログを採取します。

ログのダウンロード

(Download log)

 

 

意図しない再起動が発生する

 

1. ブラウザを開きVCSの管理画面へアクセスします。

2. 下記システムスナップショット・メニューよりスナップショットを採取します。   

メンテナンス > 診断 > システムスナップショット : 完全なスナップショットの作成

(Maintenance > Diagnostics > System Snapshot : Create full snapshot)

注意)ファイル生成に時間がかかる場合がございます。

3. 下記インシデントレポート・メニューよりレポートを採取します。

メンテナンス > 診断 > インシデントレポート > 表示 > [該当の日時をクリック] > インシデントレポートのダウンロード

(Maintenance > Diagnostics > Incident reporting > View > [Click on the date]) > Download incident report)

コメント
Cisco Employee

VCS(X7.xおよび以前のバージョン)でのパケットキャプチャ取得手順を下記ドキュメントに記載しております。

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12174376

 

VCSのソフトウェアバージョンX8.1.x(および以降のバージョン)のログ取得手順は下記ドキュメントに記載しております。

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12335146

1507
閲覧回数
0
いいね!
1
コメント