シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

VoceGWのバックツーバック接続の方法: BRI

はじめに

 

Voice GW の動作検証テストを実施する際、 実際に接続する設備(ISDN網、PBX装置等)が

準備できない場合があります。

その際、簡単な動作確認テストであれば、Voice GW間をバックツーバックで接続する方法で

代用することができます。

 

本ドキュメントでは、Voice GW BRI 回線でバックツーバック接続する方法を
解説します。

 

(備考:相互接続性に関する厳密なテストでは、実網・実機が必要です。)

 

1.ケーブルの準備

 

VoiceGW間をバックツーバック接続する場合、クロスケーブルを

使用します。BRI クロスケーブルの配線は以下の通りです。

(市販のケーブルが入手できない場合、RJ45コネクタ、かしめ(圧着工具)

 等を用いて自作できます。)

 

.クロック同期

 

BRI のデジタルインタフェースでは、クロック同期方向を考慮する必要があります。

また、ISDNインタフェースを接続する場合、一方をネットワーク側、他方をユーザ側

のプロトコルに設定する必要があります。

一般的には、ネットワーク側インタフェース(Master)からユーザ側インタフェース(Slave

の方向にクロックを提供します。

 

3.設定内容

 

以下ISR G2 ISR 4K シリーズの設定例 (ネットワーク側、ユーザー側) を示します。

 

設定例1: ISR G2 のバックツーバック接続

 

(ISDN:ネットワーク側)

network-clock-participate wic 1

!

interface BRI0/1/0

 no ip address

 isdn switch-type basic-net3

 isdn protocol-emulate network

 isdn layer1-emulate network

 isdn skipsend-idverify

(ISDN:ユーザ側)

network-clock-participate wic 1

network-clock-select 1 BRI0/1/0

!

interface BRI0/1/0

 no ip address

 isdn switch-type basic-net3

 isdn point-to-point-setup

 

設定例2: ISR 4K のバックツーバック接続


(ISDN: ネットワーク側)

interface BRI0/1/0:0

 isdn switch-type basic-net3

 isdn protocol-emulate network

 isdn layer1-emulate network

 isdn incoming-voice voice

 isdn skipsend-idverify

(ISDN:ユーザー側) 

interface BRI0/2/0:0

 isdn switch-type basic-net3

 isdn point-to-point-setup

 isdn incoming-voice voice

備考:ISR 4K の BRI インタフェースカードは、backplane とクロックを
   同期する機能がありません。そのため、ISR 4K の PRI インタフェースで
   使用する、network-clock participation slot / subslot、
   network-clock input-source priority controller [t1|e1] slot/bay/port
   等のコマンドは使用しません。
  

4.設定上の制約事項

 

BRI インタフェースには、下記のような制約事項があるので、
検証テストの際には注意が必要です。
 

- VoIP プロトコルに MGCP を使用する場合、NTT仕様の設定
isdn switch-type ntt は使用できません。

 

-ネットワーク側の BRI インタフェースでは、 NTT仕様の設定は
   
使用できません

 

また、ISR4K シリーズの Voice GW 使用する場合、
以下の制約事項があります。

 

- ISR 4K BRI インタフェースカードは、backplane クロック
同期することができません。
ネットワーク側として動作する場合、
インタフェースカードの内部クロックが使用されます。

 

- ISR 4K BRI インタフェースは、現時点では NTT仕様の設定を
サポートしていません。(ISDN ユーザ側でも使用できません。)

 

これらの制約事項のため、上述のバックツーバックの設定例では、

isdn switch-type basic-net3 の設定を使用しています。

 

まとめ

 

BRI クロスケーブルを準備すれば、バックツーバック接続の構成を容易に

構築できます

VoIPプロトコル、dial-peerの設定を適切に組み合わせれば、様々なシステムの

検証に利用できます。

 

参考ドキュメント

Cisco ISR シリーズのクロックの設定と動作 (ISR G2)
ISR 4K シリーズの T1/PRI 回線の同期設計について

 

243
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント