シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

起動時の ISDN Layer 1 Status が DEACTIVATED となる事象

2009年6月2日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

WIC-1B-S/T、VIC-2BRI-NT/TE を使用している場合、回線の契約形態(常時起動、呼毎起動)に関わらず、ルータ起動時には Layer 1 および Layer 2 は up しません。

したがいまして、起動直後のステータスは以下の通りに表示されます。

router#show isdn status

         Global ISDN Switchtype = ntt
         ISDN BRI0/0 interface
                 dsl 0, interface ISDN Switchtype = ntt
             Layer 1 Status:
                 DEACTIVATED
             Layer 2 Status:
                 Layer 2 NOT Activated
             Layer 3 Status:
                 0 Active Layer 3 Call(s)
             Active dsl 0 CCBs = 0
             The Free Channel Mask:  0x80000003
             Number of L2 Discards = 0, L2 Session ID = 0

解決策

これは、起動時に網側から同期信号(INFO2またはINFO4)を受信しない限り Activation できないという WIC-1B-S/T および VIC-2BRI-NT/TE の実装です。その後の発着信に影響を及ぼすものではありません。

備考

TechNews 2003 年 1 月号 No.0301-KA-00003

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-21-2012 03:30 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)