シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CallManager および CTIManager サービスがクラッシュによってリスタートする

2008 年 11 月 13 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco Unified Communications Manager (CUCM) 5.x および 6.x にて、サーバの起動時間が248日を経過すると、CallManager および CTIManager サービスがクラッシュによってリスタートします。本問題の発生時、CCM SDL Trace 上に下記例のメッセージが出力されます。

SdlTimer Services - Avoided negative deltaTime:

ExpirationTime: -21474766.-250000, NextPollTime: 21474836.470000,

SleepTime: 61.0

回避策

サーバの起動時間が248日を迎える前に、サーバの再起動を行ってください。

(CallManager / CTIManager サービスのリスタートのみでは回避できません。)

サーバの起動時間は、CLI の show status コマンドより確認可能です。

admin:show status

Uptime:

11:20:01 up 2 days, 13:10, 1 user, load average: 0.14, 0.07, 0.07

解決策

この問題は、下記 bug ID および Field Notice にて報告されております。

       Cisco CallManger and Cisco CTIManager services crash

下記修正 Version 以降へのアップグレードをお願いします。

  • 5.1(2.3132-1)
  • 5.1(3.3102-1)
  • 5.1(3.5000-3) [5.1(3d), cisco.comより入手可能]

  • 6.0(1.3103-1)
  • 6.1(1.3107-1)
  • 6.1(2.1002-1) [6.1(2)SU1a, cisco.comより入手可能]
  • 6.1(2.1102-1)
  • 6.1(2.3102-1)

7.0以降は修正済

修正版 ES の提供につきまして、JAPAN TAC へ Service Request のオープンをお願いします。

なお、既に他の不具合の修正のためにESを適用されている場合には、下記リン クの内容にご注意下さい。

Cisco Unified Communications Manager の Build ID について

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/100/1006/1006322_voice_j901092007.html

備考

294
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント