シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CallManager Express 用の IP Phone 呼び出し音の作成方法

2008年1月25日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco IP Phone は、2つのデフォルトの呼び出し音 Chirp1と Chirp2を搭載して出荷されています。また、Cisco CallManager Express は、Pulse Code Modulation(PCM; パルス符号変調)方式の音源ファイルを呼び出し音にすることも可能です。CallManager Express ルータのフラッシュ上には、利用可能な呼び出し音のリストを記述した Extensible Markup Language(XML)ファイル(ファイル名は RingList.xml)が必要です。このアプリケーション ノートでは、PCM ファイルと RingList.xml ファイルを独自に作成して、呼び出し音をどのようにカスタマイズするかを説明しています。

注:これは Cisco IP Phone 7940および7960モデルのカスタムの電話呼び出し音の作成にのみ適用されます。

解決策

呼び出し音を作成するには、次の手順を実行します。

  1. 呼び出し音の PCM ファイルを作成します(1つのファイルで1つの呼び出し音)。呼び出し音の PCM ファイルは、Cisco IP Phone 上で正しく再生されるためには、次の要件を満たしている必要があります。 これらのファイル形式の要件をサポートする任意の標準的なオーディオ編集アプリケーションを使用すると、呼び出し音の PCM ファイルを作成できます。
    • ロー PCM(ヘッダーなし)
    • 8000サンプル/秒
    • 8ビット / サンプル
    • uLaw 圧縮
    • 最大呼び出し音サイズ16080サンプル
    • 最小呼び出し音サイズ240サンプル
    • 呼び出し音のサンプルの数は240の倍数
    • 呼び出し音はゼロ クロッシングで開始および終了する
  2. ASCII エディタを使用して、RingList.xml を編集します。

    RingList.xml ファイルでは、呼び出し音のリストが含まれる XML オブジェクトが定義されます。 XML オブジェクトが定義されます。各呼び出し音には、使用される PCM ファイルへのポインタと、その呼び出し音用に Cisco IP Phone 上の Ring Type メニューに表示されるテキストが含まれます。CiscoIPPhoneRingList XML オブジェクトでは、この情報を記述するのに次のサンプル タグ セットを使用します。

    <CiscoIPPhoneRingList>
    <Ring>
    <DisplayName/>
    <FileName/>
    </Ring>
    </CiscoIPPhoneRingList>

    この定義では、呼び出し音に DisplayName と FileName の2つのフィールドが含まれます。これらのフィールドは、各呼び出し音に必要です。最大50個の呼び出し音をリストできます。 次に、2つの呼び出し音を定義した RingList.xml ファイルの例を示します。

    <CiscoIPPhoneRingList>
    <Ring>
    <DisplayName>Piano1</DisplayName>
    <FileName>Piano1.raw</FileName>
    </Ring>
    <Ring>
    <DisplayName>Chime<DisplayName>
    <FileName>Chime.raw</FileName>
    </Ring>
    </CiscoIPPhoneRingList>
    • DisplayName では、Cisco IP Phone の Ring Type メニューに表示される関連付けられた PCM ファイルのカスタム呼び出し音の名前が定義されます。
    • FileName では、DisplayName に関連付けるカスタム呼び出し音の PCM ファイルの名前が指定されます。
    • DisplayName フィールドと FileName フィールドは25文字を超えることはできません。
  3. 新しい PCM ファイルと XML ファイルを CallManager Express ルータのフラッシュに TFTP で転送します。
  4. IP Phone からファイルへのアクセスを許可するには、次の例のように、tftp-server コマンドを設定します。
    • tftp-server flash:RingList.xml
    • tftp-server flash:Piano1.raw
    • tftp-server flash:Chime.raw
  5. IP Phone をリブートします。IP Phone がリブートした時点で、IP Phone がこれらのファイルを取得し、"Settings"ボタンのメニューの下にある Ring Type Option リストに呼び出し音の種類が表示されます。

Cisco CallManager に登録される電話の電話呼び出し音をカスタマイズするには、 『Creating Custom Cisco IP Phone Rings』 を参照してください。

備考

英語版URL https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-3719

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
472
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント