シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco TelePresence MCUでconfiguration.xmlをリストアできない

2014年2月4日(初版)

 

TAC SR Collection
主な問題

Cisco TelePresence MCUで、Webインターフェースからconfiguration.xmlをリストアすると、リストアに失敗し、イベントログに下記のエラーが見られることがあります。

 

Error file too big; 1068081 bytes exceeds limit of 800000
原因

MCUが読みこめるコンフィグファイルの上限が800000バイトであるためです。

2014/1/24時点では、MCU 42xx/45xx/53xx/85xxに該当します。

解決策

configuration.xmlを800000バイトよりも小さくして読み込みます。

 

多くの場合、configuration.xmlが非常に大きくなっている原因は、API Preconfigured participantsが大量に残ってしまっていることが挙げられます。その場合、configuration.xmlの中に下記の行が大量に見られます。

<participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy" address="zzz.zzz.zzz.zzz" protocol="...

 

# これは、APIを使って会議を開始した場合、以下の処理をしていないことが考えられます。

# - conference.destroyで会議を終了していない

# - participant.removeで参加者を削除していない

# 詳しくは、MCU API Guideを参照ください。

# Cisco TelePresence MCU API 2.10 reference guide (page 103)

# http://www.cisco.com/en/US/docs/telepresence/infrastructure/mcu/api_guide/MCU_API_2-10.pdf

 

 

 

そのようなconfiguration.xmlを小さくするには、<conferences>と</conferences>の間に記録されている会議情報のみを削除します。

 

注意:削除することによって、configuration.xml内に残っている個別の会議の情報が、開催中会議、終了済み会議にかかわらずすべて失われます。

注意:<conferences>と</conferences>の間以外の情報は、MCUの設定情報等を含むのでそのまま残します。

注意:不慮の編集ミスから復元するために、必ずもとのconfiguration.xmlは保存しておきます。

 

ファイルサイズが800000バイトより小さくなれば、リストアすることが可能です。

 

削除前の例:

<conferences>

    <conference name="aaaaaaaa" description=......

        <participants>

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        ...

        </participants>

    </conference>

    <conference name="bbbbbbbb" description=......

        <participants>

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        ...

        </participants>

    </conference>

    <conference name="cccccccc" description=......

        <participants>

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        <participant utf8_name="xxxxxxxx" name="yyyyyyyy".....

        ...

        </participants>

    </conference>

    ....

</conferences>

 

削除後の例:

<conferences>

</conferences>

176
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント