キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Common パーティションの容量不足で CUCM のアップグレードに失敗する

TAC SR Collection
主な問題

Cisco Unified Communications Manager (CUCM) でアップグレードに失敗します。インストールログには下記の出力が見られます。

08/04/2015 01:02:03 upgrade_validate_file.sh|File:/usr/local/bin/base_scripts/upgrade_validate_file.sh:549, Function: main(), Not enough space on partition to proceed|<LVL::Error>
原因

Common パーティションの容量が不足している場合、アップグレードに失敗する場合があります。Common パーティションは show status コマンドの出力結果のうち、Disk/logging と記載されているパーティションになります。

例えば、バージョン 11.0 のアップグレードガイドには少なくとも 25G 必要と記載されています。

Upgrade Guide for Cisco Unified Communications Manager, Release 11.0(1)

Upgrade Fails with Insufficient Disk Space
Problem    The upgrade of Unified Communications Manager fails with an error stating that the common partition is full.
Solution    Typically, you need at least 25G of common partition space

解決策

下記のいずれかの方法で Common パーティションの空き容量を増やしてください。改善されない場合は、上記のアップグレードガイドに記載されている別の方法をお試しください。

1. RTMT LogPartitionHighWaterMarkExceeded / LogPartitionLowWaterMarkExceeded の値を一時的に変更

  1). RTMT を起動
  2). 左のタブから System > Alert Central をクリック
  3). LogPartitionLowWaterMarkExceeded を右クリックして Set Alert/Properties > Next を押して Low Water Mark の値を 30% 程度に変更して Save
  4). LogPartitionHighWaterMarkExceeded を右クリックして Set Alert/Properties > Next を押して High Water Mark の値を 40% 程度に変更して Save
  5). しばらく待つ
  6). %UC_LPMTCT-2-LogPartitionHighWaterMarkExceeded の SYSLOG が表示されるのを確認
  7). show status を実行して logging の領域が空くことを確認。
  8). 変更した値を元に戻す

2. ciscocm.free_common_space_<最新バージョン>.k3.cop.sgn をインストール

ciscocm.free_common_space_<最新バージョン>.k3.cop.sgn は Common パーティションの空き容量が 25% 以下の場合はアップグレードのために Common パーティションの Inactive 領域を削除するツールとなります。このツールをインストールすると Inactive 側にスイッチバックできませんのでご注意ください。

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-06-2015 10:08 PM
更新者:
 
ラベル(1)