キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CUCM の Cisco TFTP サービスがクラッシュして再起動する

2015年1月14日(初版)
 

TAC SR Collection
主な問題

Cisco Unified Communications Manager (CUCM) の Cisco TFTP サービスがクラッシュして再起動する問題が報告されています。この問題はバージョン 9.1.2 以降で発生する可能性があります。

utils core analyze コマンドで生成されたコアファイルを解析すると、下記のようなバックトレースが出力されます。

====================================
 backtrace
===================================
#0  0x08804ff2 in SdlProcessId::processName() const ()
#1  0x08833ceb in SdlTraceLine::formatPID(SdlProcessId const&) ()
#2  0x08834647 in SdlTraceLine::beginTraceLineDefinition(bool, char const*, char const*, char const*, SdlProcessId const&, SdlProcessId const&, SdlSignalTagBase const&, SdlTraceLine::LineType) ()
#3  0x08822fe7 in SdlSystemLog::sdlErrorTrace(char*, SdlSignal*, char*) ()
#4  0x087ff916 in SdlProcessBase::prepareSignal(SdlSignal&, SignalPriority const&, SdlProcessId const&) ()
#5  0x087ff1a5 in SdlProcessBase::output(SdlSignal&, SdlProcessId const&, SignalPriority) ()
#6  0x081b027f in Cluster::sendSearchReq(SearchReq&, SdlProcessId const&) ()
#7  0x081b0e0d in Cluster::recvSearchRsp(SearchRsp&) ()
#8  0x081b375f in Cluster::wait_SearchRsp(SdlSignal&) ()
#9  0x081b3c74 in Cluster::fireSignal(SdlSignal&) ()
#10 0x088013e5 in SdlProcessBase::inputSignal(SdlSignal*, SdlSystemLog::SignalTraceType, int, int, int, int, int, int) ()
#11 0x08806634 in SdlRouter::callProcess(SdlSignal*, bool&, SdlSystemLog::SignalTraceType, int, int, int, int, int, int) ()
#12 0x088068f8 in SdlRouter::scheduler() ()
#13 0x08806d6f in SdlRouter::schedulerInit(SdlRouter*) ()
#14 0x001696e1 in start_thread () from /lib/libpthread.so.0
#15 0x00e7fd3e in clone () from /lib/libc.so.6

The critical part is:
 #0  0x08804ff2 in SdlProcessId::processName() const ()
#1  0x08833ceb in SdlTraceLine::formatPID(SdlProcessId const&) ()
原因

ソフトウェア不具合 CSCuo41138 が原因となります。

解決策

Cisco TFTP サーバが再起動した場合は一時的に TFTP に接続できなくなりますが、自動で復旧します。恒久対策としては CSCuo41138 が修正されたバージョンにアップグレードしてください。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-14-2015 12:34 AM
更新者:
 
ラベル(1)