シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CUCM 6.x ネットワーク接続が不安定な環境でサーバがリブートする

2009 年 4 月 16 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

事象内容
CUCM 6.x Cluster 内のサーバ間のネットワーク接続が不安定な環境において、サーバが意図せずリブートする場合があります。

該当製品
CUCM 6.x

詳細

この問題は以下の不具合として登録されており、Bug Search Tool より確認可能です。

CSCsx07438 network flapping fails clustermanager and causes replication failure

サーバとスイッチ間のネットワーク設定のミスマッチや、ネットワーク障害が原因で、CLM (Cluster Manager) プロセスによる各サーバ間の IP Sec 通信のコネクション断と復旧が頻発する環境での事例が報告されています。

CLM コネクションの確立は、サーバの起動時とサーバ間の一時的なコネクション断の復旧時に行われますが、この際に CLM の子プロセスがハングアップすることがあり、これを検出した ASR(Automatic Server Recovery)が復旧のためのリブートを実施します。

確認方法

リブート後に CUCM の CLI より、"file view system-management-log" コマンドを発行し、リブートが発生した時間に "ASR Detected by System ROM" が表示されるかを確認することで、ASR によるリブートであることが確認できます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
0030 Critical             12:15 03/17/2009 12:15 03/17/2009 0001
LOG: ASR Detected by System ROM
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

IPT Platform Cluster Manager Logs において、CLM 通信のコネクション断 (キープアライブタイムアウト) の発生を示すログが出力されます。
ASR によるリブートは、デフォルトでは異常検出の10分後であるため、リブートから10分遡った時間帯に以下ログが出力されます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
03/17/2009 12:05:26.198 clm|non-keepalive received in policy injected state peer hostname(Sub002):|<NID::Pub001><LVL::Error><MASK::0001>
03/17/2009 12:05:36.183 clm|policy injected keepalive timer expired for hostname: Sub002|<NID::PISL005><LVL::Significant><MASK::0001>
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

回避策

回避策はありません。

解決策

CSCsx07438 の修正が含まれる Version へのアップグレードを行ってください。

修正版 ES の提供につきまして、JAPAN TAC へ Service Request のオープンをお願いします。

Bug Search Tool の Version 表記に関しては以下を参照ください。

Cisco Unified Communications Manager 5.x 以降のバージョン表記方法

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-07-2012 02:32 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)