シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IP 優先順位の QoS 値、DSCP 値、および MPLS EXP 値を、IOS ソフトウェアの設定に使用する標準値と比較する方法

2008年1月25日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

同じ VoIP ネットワーク内の異なる部分で異なるパケット マーキング方式を使用する場合、ネットワーク全体で QoS 特性の整合性を維持するには、それぞれの値を相互に関連付ける必要があります。

解決策

次の表は、IP 優先順位の QoS 値、Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)値、および Multi-Protocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Experimental(EXP)値を、Cisco IOSR ソフトウェアの設定に使用する標準値と比較したものです。

このトピックの概要については、『QoS for VoIP』を参照してください。

Per Hop Behavior (PHB) DSCP 値 DSCP ビット IP 優先順位とサービス クラス(COS)値(xyz000) 備考 MPLS EXP ビット
デフォルト 0 000000 0=routine
  • ベスト エフォート
1 000001
2 000010
3 000011
4 000100
5 000101
6 000110
7 000111
CS1 8 001000 1=priority
9 001001
AF11 10 001010
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 1(001)
  • ドロップ プライオリティ 010(1)
  • AF1 クラスで最後にドロップ
11 001011
AF12 12 001100
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 1(001)
  • ドロップ プライオリティ 100(2)
  • AF1 クラスで 2 番目にドロップ
13 001101
AF13 14 001110
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 1(001)
  • ドロップ プライオリティ 110(3)
  • AF1 クラスで 最初にドロップ
15 001111
CS2 16 010000 2=immediate 1
17 010001
AF21 18 010010
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 2(010)
  • ドロップ プライオリティ 010(1)
  • AF2 クラスで最後にドロップ
19 010011
AF22 20 010100
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 2(010)
  • ドロップ プライオリティ 100(2)
  • AF2 クラスで 2 番目にドロップ
21 010101
AF23 22 010110
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 2(010)
  • ドロップ プライオリティ 110(3)
  • AF2 クラスで最初にドロップ
23 010111
CS3 24 011000 3=Flash 2
25 011001
AF31 26 011010
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 3(011)
  • ドロップ プライオリティ 1(010)
  • AF3 クラスで最後にドロップ
27 011011
AF32 28 011100
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 3(011)
  • ドロップ プライオリティ 2(100)
  • AF3 クラスで 2 番目にドロップ
29 011101
AF33 30 011110
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 3(011)
  • ドロップ プライオリティ 3(110)
  • AF3 クラスで最初にドロップ
31 011111
CS4 32 100000 4=FlashOver 3
33 100001
AF41 34 100010
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 4(100)
  • ドロップ プライオリティ 1(010)
  • AF4 クラスで最後にドロップ
35 100011
AF42 36 100100
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 4(100)
  • ドロップ プライオリティ 2(100)
  • AF4 クラスで 2 番目にドロップ
37 100101
AF43 38 100110
  • Assured Forwarding(AF; 確認転送)クラス 4(100)
  • ドロップ プライオリティ 3(110)
  • AF4 クラスで 最初にドロップ
39 100111
CS5 40 101000 5=critical 1
41 101001
42 101010
43 101011
44 101100
45 101101
EF 46 101110 推奨される Expedited Forwarding(EF; 緊急転送)値(音声トラフィックに使用) 6
47 101111
CS6 48 110000 6=internet 0
49 110001
50 110010
51 110011
52 110100
53 110101
54 110110
55 110111
CS7 56 111000 7=network 4
57 111001
58 111010
59 111011
60 111100
61 111101
62 111110
63 111111

備考

英語版URL https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-2758

5343
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント