シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IP Phone、Aironet AP の電源供給時に、Catalyst のポートが使用不能になる

2009年6月2日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

インラインパワーをサポートするクライアント機器(IP Phone、Aironet Access Point)を Catalyst IOS を搭載する Catalyst スイッチに接続した際に、Catalsyt のポートが ErrDisable になり、ネットワーク接続ができない可能性があります。これはインラインパワーをサポートするデバイスのハードウェア アーキテクチャ上の設計における仕様制限事項となります。

インラインパワー、外部電源に関わらず、PD での電源供給オン/オフ時に、Catalyst スイッチからキープアライブ パケット(※1)が送出されると、このキープアライブ パケットが PD のループバック状態によってループする場合があります。この際、Catalyst ではキープアライブがループしたことを検知し、このポートを Errdisable にします。この結果、ポートが使用できなくなるという事象が発生します(※2)。

(※1)

Catalyst IOS ではループを検出するためにキープアライブ パケットを送出します。

(※2)

古いバージョンの Catalyst IOS(12.1(13)Ea1 より以前のバージョン)では ループバックを検出してもポートを Errdisable の状態にしません。この場合ループを防ぐために、該当 VLAN の スパニングツリーを有効にする必要があります。スパニングツリーが有効な場合、Catalyst はセルフループを検出し、ポートはブロッキングステートになります。PD のループバック状態が解除された後、ポートはフォワーディングステートに遷移します。

背景:

インラインパワーをサポートするクライアント機器(Powered Device、以下 PD)と、Catalsyt3550PWR など、インラインパワーをサポートするサーバ機器(Power SourceEquipment、以下 PSE)では、Inline Power のサポートを検出する方法として、ケーブル接続時に以下のシークエンスを実施します。

・ 電源無供給時、PD は Tx Pair と Rx Pair をショートし、自身の Ethernet Port をループバック状態にします。

・ PSE はケーブル接続時に PD を検出するための信号を送出します。

・ この信号は接続先が電源無供給時の PD である場合、ループバックによって PSE に返ってきます。

・ 戻りの信号を検出すると PSE は接続先を PD と認識し、電源供給を開始します。

Catalyst スイッチではネットワークの不適切な状態を検知した場合に、ポートをダイナミックに閉じる機能が実装されています。ダイナミックに閉じられたポートは Errdisable という状態になります。2900/3500/3700 シリーズの Catalyst IOS では、12.1(13)Ea1 よりループバックを検出した際にポートを Errdisable に遷移させるよう、機能変更がなされました。

発生条件:

本事象は、以下の機器において発生する可能性があります。

Cisco IP Phone 79xx シリーズ、Cisco Aironet 1100 シリーズと Cisco Catalyst 2900/3500/3700 シリーズスイッチの組合せ

解決策

回避策として、以下の 4 つの方法があります。

1.  ループバックを検出しても当該ポートが閉塞しないよう設定を行なう。

  switch(config)#no errdisable detect cause loopback

  (この設定を選択した際は、スパニングツリーを有効にしてください。)


2.  Recovery Timeout 設定をする事で、一定時間経過の後、自動的に復旧させる。

  switch(config)#errdisable recovery cause loopback

  switch(config)#errdisable recovery interval [30-86400]

3.   スイッチのキープアライブを disable する。

  switch(config-if)#no keepalive

  (ループバック状態が発生した際、このポートから送信された frame がループバックされ、他のポートで learn されている MAC address がこのポートで learn されてしまう可能性があります。)

4. IP Phone が電源 ON の状態でスイッチに接続する。

  (この場合、接続時は Errdisable にならないと考えれますが、何らかの要因により電源が落ちた際に Errdisable になってしまいます。)

1 と 3 に関してはネットワークへの影響が考えられることから、2 の方法を推奨します。

本事象は、PD、PSE の動作上の相違やハードウェアチップの相違に依存するため、事象が発生する明確な条件や、Chassis/OS Version などの組合せに関しては、弊社内でも全て確認できていません。インラインパワー、外部電源の双方において、PD の電源供給時に生じうる事象ですので、上記の回避策より、ユーザ環境に最も適した方法を検討してください。

備考

TechNews 2003 年 9 月号 No.0309-BA-00007

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-21-2012 03:21 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)