キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ISDN 網から Disconnect を受信しても、Voice Gateway がコールを切断しない

2008 年 3 月 6 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

12.3T 以降、Voice Gateway が発信したコールに対する、コール確立後の切断動作が変更されました。

以前は、Voice Gateway から ISDN 網へコールが確立し、その後 ISDN 側から切断した場合、Q.931 Disconnectメッセージに PI が付いていても、Voice Gateway はコールを即座に切断していました。

12.3T 以降では、ISDN 側から切断された後も Voice Gateway はコールを保持し続け、ISDN 網より再生される切断音が聞こえ続けます。保持されたコールは、内線から切断するか、ISDN 側のタイマー(T305 Timer、約30秒)満了するまで切断されません。

通常は、内線ユーザが切断音を聞いて、コールを切断するので特に問題は起こりません。

しかし、内線側で電話会議などをしている場合は、外線からの切断音が30秒ほど聞こえ続けるため、この動作が問題となってしまいます。

外線の切断を検知してコールを再接続する、Cisco Unified Mobility もこの動作の影響を受けます。

Voice Gateway が、内線側との通話に MGCP(コールエージェントとして Cisco Unified Communications Manager)を使用している場合は、この問題は発生しません。

H.323 の場合は 12.3(11)T 以降、それ以外の SIP、SCCP(CME、SRST 配下の IP Phone との通話)、POTS(POTS to POTS のヘアピンコール)の場合は、12.3(2)T 以降で問題が発生します。

なお、コール確立前に ISDN からコールが切断された場合も、同様に Voice Gateway はコールを保持します。

しかし、故障した TA にコールした場合などに再生される ISDN 側からのインバンドトーンを聞くために必要な動作であり、特に問題ではありません。

解決策

グローバルコンフィグモードで、以下のコマンドを設定します。

call application voice default disc-prog-ind-at-connect 1

IOS 12.3(14)T 以降は、以下のコマンドに置き換わります。

application

service Default

paramspace session_xwork convert-discpi-after-connect enable

本コマンドの詳細は、以下のドキュメントもご参照下さい。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6441/products_command_reference_chapter09186a00801a7f6e.html#wp1095903

上記コマンドにより、コールの確立後に ISDN 側から切断された場合には、即座に Voice Gateway 側でも切断するようになります。

コール確立前の切断時の動作に関しては、本コマンドの影響を受けません。従いまして、Voice Gateway はコールを保持し、ISDN 側からのインバンドトーンを聞くことができます。

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-07-2012 03:51 PM
更新者:
 
ラベル(1)