キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ISR 4000 シリーズで、起動時に voice 関連の設定が読み込まれない

2016年1月21日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco 4000 シリーズ Integrated Services Router (ISR4k) で、起動時に以下のエラーメッセージが表示され、dial-peer などの voice 関連の設定が読み込まれないことがあります。

[メッセージ内容]

Please retry after activating the data plane; use 'allow connections' configuration under 'voice service voip' sub mode for CUBE or 'telephony-service' for SRST.

原因

ISR4k で dial-peer などの voice 関連の設定を行う際は、'telephony-service'、'call-manager-fallback'、または 'allow connections' の設定が必要となります。上記設定のいずれかがない場合、DSP モジュールよりも先にデータプレーンが起動すると、ISR4k で dial-peer などの voice 関連の設定を正常に読み込めません。

本問題については、CSCux49494 が登録されています。

解決策

回避するためには、以下の設定を行ってください。

1. Cisco Unified Border Element (CUBE) もしくは Voice GW の場合 : 'voice service voip' 配下に 'allow-connections' の設定

2.  Cisco Unified Communications Manager Express (CME) もしくは Cisco Secure Survivable Remote Site Telephony (SRST) の場合 : 'telephony-service' もしくは 'call-manager-fallback' の設定

3. 上記 1 および 2 の機能が同一筐体で動作する場合 : 上記1 もしくは 2 のいずれか一方を設定

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-21-2016 06:32 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)