キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

MCS server で Cimlistener サービスが停止する

2013年4月8日(初版)


TAC SR Collection
主な問題 MCS  server において Cimlistener サービスが停止し、Core ファイルが  生成される
場合があります。MCS-7835/45-I3等のI型番(IBM社OEM製品)の機種で発生します。
コール処理への影響はありませんが、server  ハードウェアの状態監視に影響がでる
可能性があります。
原因

下記の不具合が登録され、ソフトウェアの修正が行われています。

CSCtl56932: CORE cimserver on Sub while Pub is in  process of Refresh Upgrade
CSCuc34482: Cimlistener core during disk  consistency check -- 7835/45-I3

解決策

暫定的な復旧措置:

事象発生時に "utils snmp hardware-agents status" コマンドで Cimlistener  の
状態確認を行い、停止している場合 "utils snmp hardware-agents restart"
コマンドで Cimlistener  を再起動して下さい。

恒久的な対策:

不具合の修正バージョンへアップグレードして下さい。

CSCtl56932の修正バージョンを使用されている場合、CSCuc34482には事象の発生を
防止するワークアラウンドが存在します。リモートサポートアカウントを使用し、
Cimlistenerの設定を下記の通り変更します。

1.utils snmp hardware-agents stop
2./opt/ibm/icc/cimom/cimlistener.conf  ファイル内の設定を変更。
---> enableConsumerUnload="false"
3.utils snmp  hardware-agents start

参考: リモートアカウント作成手順

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-08-2013 06:02 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)