キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TMSの会議制御センターにアクセスできない(Java 7 Update 51)

2014年2月21日(初版)

 

TAC SR Collection
主な問題 Java 7 Update 51が適用された環境において、Cisco TelePresence Management Suite(以下、TMS)の会議制御センターにアクセスできない事象が発生します。
原因 Java 7 Update 51でのセキュリティ要件が強化されており、会議制御センターへのアクセスにはJava側への明示的な設定が必要となりました。

解決策

1. Javaコントロールパネルを開きます。(Windowsの場合、スタート > コントロールパネル > Java > セキュリティ > サイト・リストの編集)

2. TMSのアドレスを以下のとおり追加します。

3. すべてのブラウザを閉じ、再度開いてTMSのWebUIにアクセスします。

4. 「アプリケーションを実行しますか」というポップアップが表示される場合、「実行」をクリックしてください。 この手順は、下記Oracleの公開記事にも記載されております。

Upcoming Exception Site List in 7u51

https://blogs.oracle.com/java-platform-group/entry/upcoming_exception_site_list_in

備考Java  7 Update 51でのセキュリティ要件変更の詳細につきましては、下記、Oracleの公開記事をご参照ください。

  • New security requirements for RIAs in 7u51 (January 2014)

https://blogs.oracle.com/java-platform-group/entry/new_security_requirements_for_rias

  • ブラウザのJavaコンテンツ — セキュリティの変更

http://www.java.com/ja/download/faq/signed_code.xml

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎02-21-2014 12:38 PM
更新者:
 
ラベル(1)