キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TMS(14.3/14.3.1)予約会議で、自動MCUフェイルオーバーが動作しない

2013年10月25日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

TMS14.3および14.3.1で、 “automatic MCU failover” を有効に設定しているにもかかわらず、TMSで予約した会議でMCUが会議を開催できない状態(ポートが足りない、MCUが応答しないなど)になっても、MCUフェイルオーバーが動作しません。

TMSのイベントログには、MCUフェイルオーバーが起動したこと、および代わりのMCUも表示されますが、その後も会議を開催できなかったMCUに対して接続を継続する記録が残り、実際にMCUフェイルオーバーが動作しません。

原因 TMSのルーティング処理の不具合です。 CSCuj57675 で報告されております。

解決策

ワークアラウンド:

CSCuj57675 に記載されている問題のないバージョンを使用します。

または、TMS14.3(14.3.1)で予約した会議でMCUにて会議開催失敗するような事態においては、異なるMCUを指定して会議を新たに予約し直します。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-24-2013 11:15 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)