キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCCX 8.x で設定変更ができなくなる

2012年3月19日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

一定期間稼働していた UCCX 8.x で、突然以下のような事象が発生することがあります。

・ 設定変更ができない

・ CAD が一斉にログアウトする

・ CCX Database が OUT OF SERVICE となる、または MASTER から降格する。

原因

以下の不具合が報告されております。

CSCts80098 : EntityDataSource.checkConnectivity is false after purge, UCCX leaks conn

これは UCCX が行う Historical DB の Purge 時に、DB のコネクション(Connectivity) のリソースがリークするという問題になります。UCCX がシステムのリソースとして保持している Connectivity のリソースは 150 connections(変更不可)ですが、Historical DB の Purge 終了時、上記の不具合により毎回 2 connections のリークが発生するため、約 75 日間隔でリソースが枯渇します。

150(connections) ÷ 2(connections/day) = 75 days

本事象が発生した際には、MCVD のログに以下のようなメッセージが記録されます。

%MCVD-DB_MGR-7-UNK:EntityDataSource.checkConnectivity for ノード名 is false

解決策

恒久的な対策は CSCts80098 の修正が含まれているバージョンへのアップグレードになります。

既に発生してしまっているものに関しましては、サーバのリブートもしくは、Cisco Unified CCX Cluster View Daemon のリスタートにより復旧できます。

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-20-2012 08:25 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(3)