シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Unified CM でエンドポイントからのビデオコールの解像度が減少したり音声コールとなる

2016年4月28日(初版)

TAC SR Collection
主な問題 Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) による音声・ビデオシステムの新規構築後、Jabber や TelePresence エンドポイントからのビデオコールの解像度が減少したり、音声コールとなってしまう場合があります。
原因

Unified CM のビデオの帯域の設定値が足りていない場合があります。

設定が原因かどうかについては、Cisco CallManager トレースで確認することができます。

  • [正常] Unified CM がクライアントから受信した帯域が 4000K、リージョンの最大値の設定を 6000 K に増加した場合

AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setBW, sessionBWbps=64000, receivedSessionBWbps=4000000, calculatedAudioBWBps=64000
AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setBWforVideo, video bandwidth mask = 4
AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setBWforVideo, video bandwidth mask = 4
AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setBWforVideo, sessionBW=4000000, calMainVideobps=3936000, calSecVideobps=3936000
AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setSessionBandwidthModifiers(bw=4000000, action=2) - session(bitmask=0x1,tias=0,as=4000,ct=0)

  • [解像度減少] CUCM がクライアントから受信した帯域が 4000K, リージョンの最大値の設定が 384K (デフォルト)の場合

AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setBW, sessionBWbps=64000, receivedSessionBWbps=4000000, calculatedAudioBWBps=64000
AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setBWforVideo, video bandwidth mask = 4
AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setBWforVideo, video bandwidth mask = 4
AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setBWforVideo, sessionBW=384000, calMainVideobps=320000, calSecVideobps=320000
AppInfo  |DET-SDPMsg-()::setSessionBandwidthModifiers(bw=384000, action=2) - session(bitmask=0x1,tias=0,as=384,ct=0)

  • [音声のみ] ビデオの設置値が 0 (もしくは受信した音声の帯域を下回る)の場合

!!ERROR!! -SDPMsg-()::setBWforVideo, audioBW is greater than the regionVideobps! setting videoBW=0,regionVideobps=0, calculatedAudioBW=8000

解決策

システム (System) > リージョン情報 (Region Information) > リージョン (Region) で、該当通信のリージョン (Region) の ビデオコールセッションの最大ビットレート (Maximum Session Bit Rate for Video Calls) の値を、6000 など大きい値に増やしてください。

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
49
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント