シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Unified CM の CPU 使用率が 30 分間隔で高騰する

2016 年 11 月 16 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) の CPU 使用率が 30 分間隔で高騰する事象が報告されています。Unified CM の台数が多い、大規模クラスタで発生します。

show process load cpu con コマンドにて、以下のように certbase プロセスの CPU 使用率が高騰することが確認できます。

PID   USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND            
21359 certbase  20   0  712m 149m 9692 S 29.5  2.6  34:26.69 certSync           
32537 certbase  20   0  112m 4188 1788 S  5.9  0.1   0:00.03 python             
1461 root      20   0  170m 3840 3000 S  2.0  0.1  23:31.87 vmtoolsd  

(*) 継続的に CPU 使用率をモニタするためには、cont オプションを付けた show process load cpu cont コマンドが有効です。Control+C キーの入力により、コマンドを終了することができます。

原因

CSCus80913 で報告されていますが、不具合ではなく、期待された通りの動作となります。

クラスタ構成の Unified CM は全 Unified CM の全ての証明書を保持しており、30 分間隔で証明書に更新が無いかどうかの確認(同期)を行います。大規模クラスタになるほど、同期する証明書の数が多くなり、同期処理の負荷が大きくなるため、CPU 使用率が高騰します。

解決策

期待された通りの動作となります。

同期処理が完了する約 2 分後に CPU 使用率が下がるようであれば、対処は不要です。CPU 使用率が 100% に張り付いたままとなるようであれば、Cisco TAC へお問い合わせ下さい。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-16-2016 05:02 PM
更新者:
 
ラベル(1)