シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

VCSでTransformを利用する際のSIP URI上の注意点

2013年10月22日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

VCSでTransformを有効にするとJabber Video for TelePresenceでログインできなくなる場合がある。

原因

Jabberがログイン時に送信するSUBSCRIBEのRequest URIをTransformで変換した結果が、RFCで規定されているSIP-URIのフォーマットに従わないものになると、VCSは416 Unsupported URI Schemeレスポンスを応答する。

(例)

SIP domain name:cisco.com

Jabberのログインユーザ名:123

VCSのTransform設定

- Pattern String: "(.*)@cisco.com"

- Pattern Type: Regex

- Pattern Behavior:Replace

- Pattern Replace:"(\1)"

Jabberのログイン時にVCSに送信するSUBSCRIBEのRequesti-URIが「sip:123@cisco.com」となるので、VCSはTransform設定に従ってRequest-URIを「sip:123」と変換する。

SIPの仕様を定義しているRFC3261のとおり、SIP-URIは@が含まれない場合にはhostportのみで構成されるものとなり、hostportはアルファベット以外の文字で開始することを許容していない。

そのため、VCSは416 Unsupported URI Schemeレスポンスを応答する。

解決策

上記例のようにユーザ名のみに変換するTransform設定を使用する場合には、Jabberのログインユーザ名をアルファベットで開始する文字列(例:abc123)とする。

294
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント