シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

特定のイベントログをフィルターする方法

StarOS では出力する logging を facility や level 単位で制御することができますが、特定の Event ID のみを

フィルターすることもできます。「logging の level は下げなくないけど、ある特定のログが頻繁に出力されるので

これだけ出力されないようにしたい」というような場合に有効です。

例えば以下の logging message をフィルターしたいとします。Event ID は 30000 になります。

[local]asr5000# show logs

2013-Mar-27+11:24:35.564 [cli 30000 debug] [8/0/29081 <cli:8029081> cliparse.c:364] [context: local, contextID: 1]  [software internal system syslog] CLI command [user cisco, mode [local]asr5000]: show ver

フィルターの設定をします。

[local]asr5000# configure                                                                                                           

[local]asr5000(config)# logging disable eventid 30000                                                                                            

eventids ( 30000 - 30000 ) successfully disabled

これで正常にフィルターされました。

また、以下のように Event ID をレンジで指定することも可能です。

logging disable eventid 30000 to 30010

フィルターを外す場合は以下のように no を先頭に指定します。

[local]asr5000(config)# no logging disable eventid 30000                                                                                                               

eventids ( 30000 - 30000 ) successfully re-enabled

643
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント