キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Active log の使い方

Active log とは、show logs コマンドで確認できるログとは異なり、CLI セッション毎に設定が可能なログです。

ターミナルに直接出力されますので、IOS の debug コマンドのようにリアルタイムでのトラブルシューティングに有効です。

以下のような特徴があります。

  • Exec モードで設定が可能です
  • CLI セッション毎に独立した機能なので、他の CLI セッションには設定は反映されずログも出力されません
  • CLI セッション毎なので、そのセッションを終了すれば設定は消えます
  • IOS のコンソールログの様に、ターミナルに直接出力されます
  • Active log は、デフォルトでは show logs に保存されません(設定で変更可能です)

まず、現在の設定を確認します。

[local]asr5000# show logging active                                                                                                                                    

Active Logging Display Filters:

------------------------------------

        base filter: (log facility/severity level)

        a10               error   

        a11               error   

        a11mgr          error

----- 省略 -----

CLI Active Logging Display is Off

必要なフィルターを設定します。以下の例では tacacsplus のレベルを debug に設定しています。

※ facility の種類、level によっては大量のログが出力される可能性があります。実環境で使用する場合は、事前にラボで確認ください。

[local]asr5000# logging filter active facility tacacsplus level debug

[local]asr5000# show logging active                                                                                                                                    

Active Logging Display Filters:

------------------------------------

        base filter: (log facility/severity level)

----- 省略 -----

        tacacs+           debug 

logging active コマンドで active log を有効にします。この時点からログがコンソールに出力されるようになります。

[local]asr5000# logging active 

[local]asr5000# show logging active                                                                                                                                    

Active Logging Display Filters:

------------------------------------

        base filter: (log facility/severity level)

----- 省略 -----

CLI Active Logging Display is On

[local]asr5000# 2013-Apr-05+17:17:00.941 [tacacs+ 37250 debug] [8/0/4479 <vpnmgr:1> acs_event_log.c:15] [software internal system syslog] TACACS+ requesting authentication timeout change from 15 to 41 seconds due to server configuration

2013-Apr-05+17:17:00.978 [tacacs+ 37250 debug] [8/0/4479 <vpnmgr:1> acs_event_log.c:15] [software internal system syslog] TACACS+ new client session #8 for task-id 40 initiated at Fri Apr  5 17:16:59 2013

Active log を無効にする場合は、no logging active を入力します。

[local]asr5000# no logging active

[local]asr5000# show logging active                                                                                                                                    

Active Logging Display Filters:

------------------------------------

        base filter: (log facility/severity level)

----- 省略 -----

CLI Active Logging Display is Off

Active log はデフォルトで show logs で確認できるメモリバッファーに保存されませんが、以下の設定を

することにより保存されるようにすることも可能です。ただ、こちらの設定は全ての CLI セッションに影響します。

[local]asr5000(config)# logging runtime buffer store all-events

デフォルト設定に戻す方法は以下です。

[local]asr5000(config)# default logging runtime buffer store


バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-05-2013 04:20 PM
更新者:
 
ラベル(1)