キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

address-hold-timer について

address-hold-timerの設定について説明します。

ip pool <pool_name> <ip_address/subnet_mask> address-hold-timer <seconds>
上記のように設定すれば、Subscriberが(一旦切断した後)address-hold-timerに
設定してある秒数(seconds)以内に、再度接続しようとする時、システムから同じIPをアサインされます。
ここまでは理解しやすいものですが、このタイマーが切れたら、該当のIPがすぐ他のSubscriberにアサインできる、
とよく誤解されます。

 

実際このタイマーが切れたら、対象のIPアドレスが“hold” 状態から “release”状態に移ります。

そのSubscriberがタイマー切れの後に再度接続しに来たら、システムが

release” 状態にあるIPをチェックし、以前利用した同じIPをアサインします。

 

また、利用可能なIPが“free” と“release”の二種類により構成されていて、

 

“free”のIPが全部アサインされてから、“release”のIPがアサインされます。

これにより、大量なSubscriberが接続しに来た場合、この“release”のIPが他のSubscriberに

アサインされる可能性があります。

 

最後に、このaddress-hold-timerの設定がない場合、LRU (least recently used)と呼ばれる方法で、

IPアドレスがSubscriberにアサインされます。IPアドレスが若番から順にアサインされて、解放されたものが一番最後に戻る

という方法です。

 

以下は、関連コマンド出力のサンプルとなります。

---------------------------------------

[SGi]asr5k_ocs_pgw# show ip pool address pool-name pool_test release
+-------- (B) Busyout
|
|+------- (F)-FREE (U)-USED (H)-HOLD (Q)-QUARANTINE (R)-RELEASE  
||
                                          +------ Quarantine
                                          |
|| Address         NAI/MSID Hash    Hold/Qrntn Timer/     Session Start/Disconnect
||                                  Session ID                                    
vv ==============  ================ ================      =========================

Pool: pool_test 
 R 100.102.0.1     b45262bdb289ff57         -              Tue Dec 17 07:16:13 2013  
 R 100.102.0.2     30b770e0b3b938df         -              Tue Dec 17 07:24:36 2013  
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎02-25-2014 07:59 PM
更新者:
 
ラベル(1)