シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR5000/5500 StarOSで使えるgrepのオプション

StarOSでは、show commandの出力をgrepで操作できますが、オプションは限られています。

以下にいくつかの例を挙げます。 

grep for Regular Expressions (CLIマニュアルより抜粋)

The | grep has the following syntax:

| grep [ -E | -i | -n |-v | --extended-regexp | --ignore-case | --invert-match | --linenumber] expression

 

使用例:

① -i (ignore-case) 検索対象文字列のUpper/Lower caseを区別しない

# dir /flash/ | grep -i <Filename of image or config>

# show npu stats debug all | grep -i lag

# show logs | grep -i "slot 9"

 

② -v (invert-match) 検索対象文字列を含まない行を出力する

# show task resources | grep -v good

 

③ -E (extended-regexp) 複数指定した文字列のどれかを含む(OR)

# show diameter peers full | grep -E "Task|Host"

 

④ -n (linenumber) 検索対象文字列を含む行数を表示

 

20
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント