キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR5500/5000のgtpp/CDRに関する障害が発生した時に取得すべきログ

ASR5500/5000のgtpp/CDRに関する障害が発生した時、根本原因の調査に必要なログファイルを以下のようにまとめました。
最後の注意事項を確認してから、ログを取得し、お問い合わせして頂ければと思います。また実際障害の切り分けにも役に立っていただければと思います。

- 以下のコマンドを複数回を実施し、出力を取得。
show gtpp counters all
show gtpp accounting servers
show session subsystem facility aaamgr all verbose
show gtpp statistics group name <gtpp_group_name> verbose
debug aaamgr show archive-records instance <instance_number>
show gtpp statistics verbose
show gtpp storage-server streaming file statistics verbose
show gtpp storage-server streaming file counters all
show vpn subsystem facility vpnmgr
show gtpp storage-server
show gtpp storage-server statistics verbose
show session subsystem facility sessmgr all verbose
show gtpp statistics cgf-address <ip_address>
dir /hd-raid

- 対向サーバーへの接続を確認
gtpp test accounting cgf-server <ip_address> (同じcontext内に実施)
gtpp test storage-server address <ip_address> (if GSS is configured)
gtpp test accounting group name <name>

- gtpp/aaaproxyのdebugログ
logg​ing filt​er act​ive fac​ili​ty gtpp level unu​sual
logg​ing filt​er act​ive fac​ili​ty aaaproxy level unu​sual
logg​ing act​ive

- aaaproxy/aaamgrのcoreファイルを2、3回を取得
task core facility aaaproxy instance <instance_number>
task core facility aaamgr instance <instance_number>

- 'monitor protocol' の出力 (オプション 27(GTPP)を選択)

- Ethereal trace(pcap) (CGFや間のスイッチから)

- SSD

- syslog(発生の一週間前からのもの)

注意事項:
- 必要に応じて、上記のコマンドをhiddenモードで実施
- 設定により実施する必要ない(できない)ものもある
- システムの負荷をモニタリングしながら実施
- 事前ラボで確認や、不明点や詳細をシスコへ確認

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-30-2016 12:32 AM
更新者:
 
ラベル(1)