シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

ASR5x00 -Radius Server の障害検知方法(keepalive)

ASR5x00 では、設定された複数の Radius Server の障害検知方法には以下の2種類あります。

  1. Keeping track of the number of failures
  2. Keepalive

ここでは "keepalive" の動作について説明します。(Keeping track of the number of failures についてはコチラ)

 "keepalive" は、ASR5x00 が定期的に keepalive 用の request を Radius Server へ送信し、その応答の有無で障害検知を行う方法です。

[sample config]

aaa group default
      radius accounting algorithm round-robin
      radius accounting detect-dead-server keepalive
      radius accounting keepalive timeout 5
      radius accounting keepalive username keepalive@test.keepalive
      radius accounting keepalive calling-station-id 001001116000000
      radius accounting keepalive framed-ip-address 10.10.10.10
      radius accounting keepalive interval 30

"detect-dead-server keepalive" が "keepalive" の設定を行っています。
各 configuration の詳細については、Document Command Line Reference Guide をご参照ください。
"Configuration Guides"

[検知フロー]

[[{"attributes":{},"fields":{}}]]

  1. keepalive に対する応答があるので RadiusA の status は Active
  2. keepalive に対する応答があるので RadiusB の status は Active
  3. keepalive に対する応答が timeout 5 以内になかったので RadiusA の status を Down へ変更
  4. keepalive に対する応答が timeout 5 以内になかったので RadiusB の status を Down へ変更
  5. ASR5k は設定された全ての Radius の status を Down とすることはできないため、一旦全ての status を Active Pending へ変更する
  6. keepalive に対する応答が timeout 5 以内になかったので RadiusA の status を再度 Down へ変更
  7. keepalive に対する応答が timeout 5 以内になかったので RadiusB の status を再度 Down へ変更
  8. ASR5k は設定された全ての Radius の status を Down とすることはできないため、一旦全ての status を再度 Active Pending へ変更する

 上記のフローのとおり、全ての Radius Server が障害中の場合、keepalive の度に Active Pending/Down を繰り返すことになりますが、これは期待された動作です。

[show radius accounting server detail 結果]

[[{"attributes":{},"fields":{}}]]

[[{"attributes":{},"fields":{}}]]

313
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント