シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR5x00 -Radius Server の障害検知方法(Keeping track of the number of failures)

ASR5x00 では、設定された複数の Radius Server の障害検知方法には以下の2種類あります。

  1. Keeping track of the number of failures
  2. Keepalive

ここでは "Keeping track of the number of failures" の動作について説明します。(Keepalive についてはコチラ)
 "Keeping track of the number of failures" は、ASR5x00 が送る request に応答がなかった回数によって、Radius Server の障害検知を行う方法です。

[sample config]

aaa group default
      radius accounting algorithm round-robin
      radius accounting deadtime 10
      radius accounting detect-dead-server consecutive-failures 2
      radius accounting max-retries 2
      radius accounting max-transmissions 6
      radius accounting timeout 1

"detect-dead-server consecutive-failures" が、"Keeping track of the number of failures" の設定を行っています。
各 configuration の詳細については、Document Command Line Reference Guide をご参照ください。
"Configuration Guides"

[検知フロー]

[[{"attributes":{},"fields":{}}]]

  1. max-retries 2 に達したため consecutive failure count を1つカウントアップさせ、RadiusA の status を Not Respond へ変更
  2. consecutive-failure 2 に達したため、RadiusA の status を Down へ変更
  3. max-retries 2 に達したため consecutive failure count を1つカウントアップさせ、RadiusB の status を Not Respond へ変更
  4. consecutive-failure 2 に達したため、RadiusB の status を Down へ変更
  5. ASR5k は設定された全ての Radius の status を Down とすることはできないため、一旦全ての status を Active へ変更する
  6. 再度 max-retries 2 に達したため consecutive failure count を1つカウントアップさせ、RadiusA の status を Not Respond へ変更
  7. 再度 consecutive-failure 2 に達したため、RadiusA の status を Down へ変更し、deadtime timer をスタートさせる
  8. RadiusB から応答があったので、RadiusB の status は Active のままとする
  9. deadtime timer 10 が満了したので、RadiusA の status を Active に変更
    ※RadiusA が実際に復旧しても、deadtime timer が満了するまでは request を送らない
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎05-22-2014 05:09 PM
更新者:
 
ラベル(1)