シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR5x00 snmp trap "EGTPCPathFail", "EGTPCPathFailClear"

ASR5x00 PGw にて S5 interface 上での監視において、以下のように "EGTPCPathFail", "EGTPCPathFailClear" の snmp trap が上がることがあります。

Tue Oct 07 08:51:57 2014 Internal trap notification 1112 (EGTPCPathFail) context PGW-1, service PGW-SVC-1, interface type pgw-ingress, self address x.x.x.x,  peer address y.y.y.y, peer old restart counter 0,  peer new restart counter 0,  peer session count  1, failure reason no-response-from-peer
Tue Oct 08 08:51:57 2014 Internal trap notification 1112 (EGTPCPathFail) context PGW-1, service PGW-SVC-1, interface type pgw-ingress, self address x.x.x.x,  peer address y.y.y.y, peer old restart counter 0,  peer new restart counter 0,  peer session count  1, failure reason create-sess-restart-counter-change
Tue Oct 09 08:51:57 2014 Internal trap notification 1112 (EGTPCPathFail) context PGW-1, service PGW-SVC-1, interface type pgw-ingress, self address x.x.x.x,  peer address y.y.y.y, peer old restart counter 0,  peer new restart counter 0,  peer session count  1, failure reason echo-rsp-restart-counter-change
Tue Oct 10 08:51:57 2014 Internal trap notification 1112 (EGTPCPathFail) context PGW-1, service PGW-SVC-1, interface type pgw-ingress, self address x.x.x.x,  peer address y.y.y.y, peer old restart counter 0,  peer new restart counter 0,  peer session count  1, failure reason restart-counter-change
Tue Oct 07 10:11:07 2014 Internal trap notification 1113 (EGTPCPathFailClear) context PGW-1, service PGW-SVC-1, interface type pgw-ingress, self address x.x.x.x,  peer address y.y.y.y, peer restart counter 0,   peer session count  1, failure reason sessions-add

これらの trap の意味について説明します。

  1. 主な原因
    1-1. failure reason no-response-from-peer
     定期的に行なっている死活監視 EGTP echo request/response が失敗したためです。この場合対向側の SGw から EGTP echo response が返ってこなかったことを示しております。S5 上の NW 障害がないか、あるいは SGw 側で問題がないか確認していただく必要があります。

    1-2. create-sess-restart-counter-change
     SGw から送出される Create Session Request に含まれるrestart counterの値が、PGWの保持していた値と異なっていることを示しております。SGw もしくは PGw のどちらかでリスタートが発生した場合等に、お互いに保持している restart counter の値が異なってしまうことにより発生します。

    1-3. echo-rsp-restart-counter-change
     PGw から EGTP echo request を SGw に送信し、SGw からの EGTP echo responseに含まれるrestart counterの値が、PGw の保持していた値と異なっていることを示しております。SGw もしくは PGw のどちらかでリスタートが発生した場合等に、お互いに保持している restart counter の値が異なってしまうことにより発生します。

    1-4. restart-counter-change
     SGw から PGw に向けて送信される EGTP echo requestに含まれる restart counter の値が、PGw の保持していた値と異なっていることを示しております。SGw もしくは PGw のどちらかでリスタートが発生した場合等に、お互いに保持している restart counter の値が異なってしまうことにより発生します。
     
  2. 影響
    該当の SGw と接続している session を解放いたします。
     
  3. 復旧
    EGTPCPathFailClear は死活監視が復旧したことを示します。死活監視は SGw からの Create Session Request 等のメッセージを受信したことをトリガに開始されます(sessions-add がそれを示す)。EGTPCPathFail を検知した後、EGTPCPathFailClear を検知するまでは死活監視は行なわれません。
     
  4. EGTP echo の対象単位
    session 単位ではなく、SGw(peer)単位で行なわれます。
コメント
Cisco Employee

Very clear and informative content/explanation

103
閲覧回数
5
いいね!
1
コメント