シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9000: ASR903 を nV Satellite として設定する方法

IOS-XR 4.3.0 より、ASR903 を nV Satellite として使用する事が可能となりました。
以下に、その設定方法について、説明致します。
なお、下記方法については、本 Document 筆記時点においてのものとなり、将来変更される場合があることにご注意下さい。

本説明で使用するトポロジー例

Gi0/1/0-7+--------+Te0/0/0          +---------+

---------| ASR903 |-----------------| ASR9001 |

         +--------+   TenGigE0/0/2/0+---------+

ASR903 の TenGigabitEthernet 0/0/0 インターフェースと、ASR9001 の TenGigabitEthernet 0/0/2/0 インターフェースを接続し、このリンクを ICL (Inter Chassis Link) として使用します。

ASR9000 側の設定

ASR9000 側へ以下の設定をしてください。

ASR9000 側の config

interface Loopback1

  ipv4 address 10.10.10.100 255.255.255.0 (Satellite との内部通信に使う為の、ASR9000 側 IP アドレス)

 

!

interface TenGigE0/0/2/0

  ipv4 point-to-point

  ipv4 unnumbered Loopback1

  nv

   satellite-fabric-link satellite 200 (Satellite 番号)

   remote-ports GigabitEthernet 0/1/0-7 (リモートポートとして使用する ASR903 のインターフェース)

  !

!

nv

  satellite 200 (Satellite 番号)

   type asr903 (Satellite のタイプ)

   serial-number XXXXXXXXXXX (ASR903 のシャーシシリアル番号)

   description ASR903 Satellite

   ipv4 address 10.10.10.200 (Satellite との内部通信に使う為の、Satellite 側 IP アドレス)

!

!


ASR903 側の設定

ASR903 側では、configuration の設定は特に必要ありませんが、ASR9000側にインストールされた nV PIE に含まれる、ASR903 nV 専用イメージで ASR903 を起動します。また、設定にはコンソール接続を使用してください。

(1) Satellite 設定用イメージの準備

ASR9000 側からイメージをダウンロードするためには、nV ICL を確立する必要があり、その為 ASR903 Satellite イメージを CCO よりダウンロードし、bootflash: へ保存します。

ファイル名例: "asr903rsp1_sat-universalk9_npe.03.08.00.S.153-1.S.bin"

設定用イメージ

ASR903#dir

Directory of bootflash:/

(snip)

   25  -rw-   225655140  Jan 23 2013 09:36:51 +00:00  asr903rsp1_sat-universalk9_npe.03.08.00.S.153-1.S.bin

 

ASR903#

(2) Satellite 設定用イメージで起動

Config-register 値を 0x2042 へ変更し、起動イメージの変更します。

conf t

config-register 0x2042

no boot system

boot system bootflash:asr903rsp1_sat-universalk9_npe.03.08.00.S.153-1.S.bin

その後、リロードして有効にしてください。

ASR903# reload

(3) Host名の変更と nV ICL 確立の確認

ASR903 と ASR9000 を接続する ICL リンクが UP となると、nV ICL が構成され、ASR903 側では、以下のようにホスト名が変更されます。

LC:Satellite#

また、ASR9000 側からは、以下のように nV が正しく構成されたことを確認出来ます。

Satellite ステータスの確認

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001#show nv satellite status brief satellite 200

Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     State

------  --------  ------------  --------------  --------------------------------

200     asr903    10.10.10.200  xxxx.xxxx.xxxx  Connected (Stable)

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001#

(4) nV 専用イメージを ASR9000 からダウンロード

nV リンクを通じて、ASR9000 側より tftp を使用してイメージをダウンロードする事ができます。

この時、ASR9000 側の Loopback1 に設定した IP Address が、サーバのアドレス (本例では、10.10.10.100) となります。

また、ファイル名は rp_super_universalk9_npe.rudy.bin として下さい。

ASR903 側より、tftp を使用して nV 専用イメージのコピーする

LC:Satellite#copy tftp://10.10.10.100/rp_super_universalk9_npe.rudy.bin bootflash:

Destination filename [rp_super_universalk9_npe.rudy.bin]?

Loading rp_super_universalk9_npe.rudy.bin .from 10.10.10.100 (via BDI2000): !!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

[OK - 225622372 bytes]

 

225622372 bytes copied in 679.797 secs (331897 bytes/sec)

LC:Satellite#dir | i rudy

   12  -rw-   225622372  Feb 12 2015 01:34:20 +00:00  rp_super_universalk9_npe.rudy.bin

LC:Satellite#

(5) nV 専用イメージで起動する

Satellite 設定用イメージを含む、Satellite イメージでは、"configure terminal" 等による設定が出来ない為、Rommon から起動イメージファイルを設定します。

Satellite となっている ASR903 を再起動し、Break 信号により、Rommon へ入ります。

Satellite の再起動

LC:Satellite#reload

 

又は

 

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001#hw-module satellite 200 reload

 

ASR903 コンソールより Rommon から設定

rommon 1 > BOOT=bootflash:rp_super_universalk9_npe.rudy.bin

rommon 2 > sync

rommon 3 > reset

 

(6) Satellite ステータスの確認

Satellite の再起動後、以下のように正しく nV が構成されていることを確認します。

Satellite ステータスの確認

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001#show nv satellite status brief satellite 200

Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     State

------  --------  ------------  --------------  --------------------------------

200     asr903    10.10.10.200  xxxx.xxxx.xxxx  Connected (Stable)

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001#

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎02-12-2013 10:11 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(3)