キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR9K: nV Satellite の ICL の MTU について

ASR9000 シリーズルータ にて ASR9000v/ASR9000v2 を satellite として使用している場合、その ICL (Inter Chassis Link) 上の MTU は手動で設定することはできず、MTU の設定を行っても MTU の値は変化しませんが、これは想定動作になります。

実施例

 
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K#show running-config interface TenGigE 0/0/0/1
interface TenGigE0/0/0/1
 nv
  satellite-fabric-link satellite 100
   remote-ports GigabitEthernet 0/0/0-43


RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K#show interface brief

               Intf       Intf        LineP              Encap  MTU        BW
               Name       State       State               Type (byte)    (Kbps)
--------------------------------------------------------------------------------
          Te0/0/0/1        up        up               ARPA  1526      
- snip -

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K(config)interface TenGigE 0/0/0/1
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K(config-if)#mtu 9212
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K(config-if)#commit

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K#show interface brief

               Intf       Intf        LineP              Encap  MTU        BW
               Name       State       State               Type (byte)    (Kbps)
--------------------------------------------------------------------------------
          Te0/0/0/1          up          up               ARPA  1526 
- snip -

上記例の通り CLI としては、Te0/0/0/1 に対して MTU の設定を行うことは出来ますが、設定をしても値は反映されません。
物理 ICL 上の MTU  は satellite 上の access port の MTU に応じて、自動で調整されます。

補足となりますが、IOS-XR 5.1.1 以前では ICL の MTU は 9600 が固定で設定されていましたが
IOS-XR 5.1.1 以降では ICL の MTU は自動で調整されるように、実装の変更が行われています。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-22-2016 02:21 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)