シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

cBR-8 にて Cable Line Card に作成された log を取得する方法

※本ドキュメントは、TAC SR を open 後、TAC の engineer の指示で debug コマンド等を実行し、Cable Line Card (以後 CLC) に log が作成された場合を想定しています。

以下のような test command CLC で実施すると、CLC 上の特定のディレクトリに log が作成されます。

 

Slot-1-0#test cable ump cdman j4us-show-drops

Slot-1-0#
 Jib4US Drops Dump

 See file /tmp/cc/trace/USJib4_DROPS_20160419-151457.txt

 

このときの log の抽出方法をまとめておきます。

1. CLC  Linux shell login (CLC の Linux shell への login には TAC engineer の support が必要になります。)


2. 取得したい
log /harddisk/ コピー(or 移動)

Ex.
[cBR-8_SIP_1:/tmp/cc/trace]$ cp ./USJib4_DROPS_20160419-151457.txt /harddisk/


3. exit コマンドにて RP linux shell に戻る

4. exit RP IOS shell に戻る

5. dir harddisk: で当該 file が見えることを確認する。

      Ex.
      cBR-8#dir harddisk:
      Directory of harddisk:/
     <省略>
      13  -rw-          2366412  Jun 12 2012 20:38:36 +09:00  cbrsup-rp-hw-programmable-firmware.155-3.r.S3-ext.01.SPA.pkg

      14  -rw-          2368460  Jun 13 2012 12:14:42 +09:00  cbrsub-rp-hw-programmable-firmware.156-1.r.S1-std.01.SPA.pkg
      15  -rw-                3343  Apr 20 2016 15:09:55 +09:00  USJib4_DROPS_20160419-151457.txt <== Here


6. RP の IOS
shell から ftp 等でログを取得する。

87
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント