シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CPS(Cisco Policy Suite) CDR出力差分について

Cisco Policy Suite(CPS)はCall Data Records(CDR)を生成します。

設定については以下のマニュアルを参照ください:

Cisco Policy Suite 6.0 Reporting Guide

「Policy CDR Fields」の設定により、CDR出力に以下のような差分が見られる:

Case 1

Rating-Group(100, 200)ごとに個別に載るケース:

.;1096298377;silver;6|1|2||service-1|ACTIVE||||123456789000001|123456789000001|dcca.cisco2.com|cisco2.com|200|80000|0|0|0|2001|0|2015-07-05 17:09:25
.;1096298377;silver;6|1|2||service-1|ACTIVE||||123456789000001|123456789000001|dcca.cisco2.com|cisco2.com|100|70000|0|0|0|2001|0|2015-07-05 17:09:25

 上記では100と200の2つのRating-Groupが記録され、それぞれのtotalChargeableOctets(70000, 80000)が載っている。

Case 2

Rating-GroupがMergeされるケース:

 .;1096298377;silver;6|1|2||service-1|ACTIVE||||123456789000001|123456789000001|dcca.cisco2.com|cisco2.com|100|150000|0|0|0|2001|0|2015-07-05 01:00:56

 上記ではRating-Groupが1つだけ(100)記録され、totalChargeableOctetsは150000(70000+80000)、すなわちCase 1の2つのtotalChargeableOctetsの合算となっている。

このような差分が出る理由は、設定(Policy Builder Configuration in REFERENCE DATA -> Policy Reporting -> Policy Cdrs)に以下のような違いがあるためです:

 

Case 1ではratingGroupsのtypeが“key”。

Case 2ではratingGroupsのtypeが“set”。

 

また、totalChargeableOctetsのtypeは”accumulation”になります。

このように設定(type)による、CDRに載るFieldに差分が出ます。 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-14-2015 11:14 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)