キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IOS-XR: Cisco Software Manager (CSM) の紹介

     

    概要

    本ドキュメントでは Cisco Software Manager (CSM) の概要について紹介しています。

    Cisco Software Manager (CSM) とは 推奨 SMU 及び Service Pack (SP) の情報検索、
    及び複数の IOS-XR ルータへのインストールを効率的に管理するためのソフトウェアです。

    CSM のダウンロード

    1. Cisco Download サイトから IOS-XR ルータ (CRS/ASR9K) へ移動
    2. CSM-<version>.zip をダウンロードする (例 CSM-2.0.zip)

    CSM のインストール

    CSM は Windows/Unix/Mac OS X にてインストール可能となっており、CSM の利用に際しては Java Runtime Environment が必要となります。
    インストール方法は OS により異なるため、詳細は上記ファイルを unzip したフォルダにある readme ファイルを参照して下さい。

    CSM の初期設定

    CSM のインストールが完了後に、CSMを起動し以下の初期設定を実施します。

    • Repository Directory の設定 (SMUのダウンロード先フォルダの設定)
    • Polling 設定 (cisco.com へのSMU 情報確認スケジュールの設定)
    • Email 設定 (Email 通知設定)
    • Proxy サーバ設定

    上記のうち Repository Directory 設定が必須となります。
    Repository Directory とは CSM にてダウンロードした SMU のダウンロード先フォルダになります。

    初期設定は以下の「setup」より設定してください。

    CSM の機能

    ここでは CSM の持つ以下の機能について簡単に紹介します。

    • SMU/SP 情報の参照
    • SMU/SP のダウンロード
    • IOS-XR ルータの管理

    SMU/SP 情報の参照

    CSM を利用して Platform/Version 指定した SMU/SP 情報を取得することが可能です。

    下記「Platforms and Releases」タブの「Select a platform and release」より指定すると SMU/SP 情報の一覧が cisco.com より取得されます。

    SMU/SP のダウンロード

    CSM を利用して Cisco Download より SMU/SP をダウンロードすることが可能です。

    1. 必要な SMU/SP を選択する (チェックボックスを ON)
    2. 「Task」ボタンの「Download Selected SMUs」にてダウンロードを行う

    ダウンロードされた SMU/SP は初期設定にて指定した Repository Directory に格納されます。

    IOS-XR ルータの管理

    CSM を利用して複数の IOS-XR ルータの SMU/SP を管理することが可能です。
    また複数の IOS-XR ルータは論理的なグループ及びグループに所属するエレメントにより階層的に管理することができます。

    • ネットワークエレメントグループ (ルータグループ)
    • ネットワークエレメント (ルータ)

    IOS-XR ルータ側の設定

    CSM では各 IOS-XR ルータから インストールされている SMU/SP 情報を取得する際に以下の手順にて取得しています。

    1. 各 IOS-XR ルータに VTY 経由でログインする (Telnet/SSHv1/SSHv2)
    2. 各 IOS-XR ルータにログイン後に XML Agent 経由でインストール情報を収集する

    CSM は XML Agent 経由でインストール情報を収集するため、各 IOS-XR ルータでは以下の設定が必要になります。

    1. MGBL PIE をインストールする (SSH の場合は K9SEC PIE もインストールする)
    2. XML TTY Agent 機能を設定する
    Router(config)# xml agent tty

    (*) XML Agent 機能の詳細は下記 Configuration Guide 及び Command Reference を参照して下さい

    CSM の設定: IOS-XR ルータの追加

    以下の手順にて CSM により管理する IOS-XR ルータを追加します。

    1. グループの追加 (必要に応じてグループを作成する)
    2. グループ配下への IOS-XR ルータの追加

    以下の「Add Network Element」よりグループおよびルータを追加します。

    以下の登録画面にて右クリックでグループおよび各 IOS-XR ルータの登録/編集/削除を行うことができます。

    csm-add2

    各 IOS-XR ルータを登録する際には各ルータ毎に以下の項目を設定します。

    設定項目 設定内容

    Connectivity Category

    IP もしくは Scripted を選択
    (*) Scripted の詳細は readme ファイルを参照して下さい

    Connection TypeIOS-XR ルータにログインする際のプロトコルを選択 (Telnet/SSHv1/SSHv2)
    Device IP/NameIOS-XR ルータの IP アドレスもしくは DNS 名を設定
    Device DescriptionIOS-XR ルータの管理名を設定

     

    CSM の設定: IOS-XR ルータの接続

    CSM から登録された IOS-XR ルータへは下記 2 つを入力して Login ボタンを押すことで接続することができます。

    • Device User Name (ログインユーザ)
    • Device Password (ログインパスワード)

    またグループ配下の全 IOS-XR ルータに同じ username/password が設定されている際には、
    グループ指定のログインにてグループ配下の全 IOS-XR ルータへ 1 クリックで接続することもできます。

    以下のように CSM にて複数の IOS-XR ルータを登録することにより SMU/SP 情報を一元管理を行うことができます。

     

    バージョン履歴
    改訂番号
    2/2
    最終更新:
    ‎08-31-2017 03:11 AM
    更新者:
     
    ラベル(1)
    寄稿者: